スポンサーリンク

嫁激(とつげき)★北フランス絵日記

北フランスで清く?楽しく?美しく?生きようともがくアラサー母の記録です。

2019年09月

北フランスでの生活や、ちょっと特殊な家族のことを楽しく書いていきたいです。
(写真を含む画像は無断転載禁止です。興味のある方は一言お声掛けください)

フランスの教育現場の裏側⑦〇〇多すぎ問題

前回の話はこちら★
今回も引き続き日本の保育園での話です。

IMG_5086

IMG_5087

IMG_5088

IMG_5089

日本の保育園って着替えすごくないですか!?

もちろん幼稚園は流石にここまでではないと思うんですが…。
(制服制のところも多いですもんね)


フランスの適当さに慣れきっていた私は、日本のこの几帳面さに感心すると同時に、
正直「めんどい(◎w◎;)」と思わずにいられませんでした。


いやあの、着替えさせてくれていることに関してはほんとに感謝しかないです!
でもなんせ「大雑把選手権」が開催されたら、日本代表は難しくとも関東エリア代表くらいにはなれんじゃない?ってくらい雑でズボラな私。


普段フランスの愚痴ばっかり言ってますが、実はフランスの方が私自身の性に合っているかも…と痛感した出来事でした。

(あくまで私の場合は、です)


思い返せば、こんなこともありました…。
あと2回ほど続きます♪ 

これとちょっと関係のあるお話がこちら★
次男退学の危機?前編
次男退学の危機?後編
フランス分業教育への恨み節

こちらのシリーズの前の記事はこちら♪
フランス教育現場の実態①
フランス教育現場の実態②
フランス教育現場の実態③

日本教育現場の裏側★
フランス教育現場の実態④
フランス教育現場の実態⑤
フランス教育現場の実態⑥

でもまあ、ここまで気をつけてくれているから、シラミとか少ないんでしょうね…。
ほんとに素晴らしいと思います。日本! 



体力をつけようと、当日賞味期限で半額だった豚肉のパテを食べたらがっつり当たってトイレ御百度参りをする羽目になったきくこに応援のクリックをいただけると更新の励みになります★

人気ブログランキング
ちなみにDさんも巻き込んで当たりました(;▽;)ごめん!ほんっとごめん!
 

フランス教育現場の実態⑥日本の保育園で長男まさかの…

前回の話はこちら★
今回は日本の保育園に子どもを預かってもらった時の話です。
IMG_5074

IMG_5075
申請すれば必ず受け入れてもらえるわけではなく、保育園が許可してくれないと入れません。私たちの場合は事情を知った市立保育園の園長先生が特別に受け入れてくれたようで、本当に幸運でした。
しかし…
IMG_5076
お前だよ(泣)
IMG_5077

IMG_5078
この日本帰国時に病気になった話は以前もこちらの記事で書いたんですが→フランスにいる理由~日本に嫌われた女~
まあきつかった(´;ω;`)
これだけでも「今後はフランスで頑張ろう」と思うには十分でしたが、もう一つはこの保育園での長男の変貌ぶり。

長男よ、お前はフランスではどちらかというとのび太タイプだっただろうが(泣)

普段の息子の下っ端エピソードはこちら→
そろそろ出てくる子どものトラブル③カツアゲ?上
ワルの魅力に抗えない

フランスでもちょっと大きめの体格の長男は日本ではかなりデカイ部類に。初日間違えて1学年上のクラスに入っていたそうです…。
また、フランスでは普通レベルの気の強さが、日本ではかなり気が強い扱いになってしまい、みんなが長男に気を使うためか?
まあ、なんということでしょう、
意地悪で威張りんぼうキャラに大変身★するなーー!泣


そしてみなさんご存知、東京の待機児童の多さ。
それを全てすっ飛ばして、一時的とはいえ子どもをねじり込ませていただいたのですから(しかも普段は日本で暮らしていない家族が!)、当然あまりよく思わない保育士さんもいたようで、特に長男のクラスの先生には色々言われてしまいました…(ただこれは長男の態度も悪かったのでしょうがないと思ってます)。

口頭だけでなく、お便り帳にもがっつり書かれ、長男の先生には毎日謝りっぱなしで切なかったです。
この時に
「もしかしたら長男は日本で育つの良くないかも…」と思ったんですが、

さらに日本の保育園で一番びっくりしたことが…?

続きます★

これとちょっと関係のあるお話がこちら★
次男退学の危機?前編
次男退学の危機?後編
フランス分業教育への恨み節

こちらのシリーズの前の記事はこちら♪
フランス教育現場の実態①
フランス教育現場の実態②
フランス教育現場の実態③

日本教育現場の裏側★
フランス教育現場の実態④
フランス教育現場の実態⑤


おかげさまでだいぶ風邪良くなってきました〜♪
しかしまあいつも思うけど、風邪の時ぐらい食欲がなくなってみたいもんですね(泣)もちろん3食しっかり食べましたよ★
しっかり食べてブログ更新頑張って〜♪のクリックいただけると嬉しいです♪

人気ブログランキング


もし世界征服できたら?

以前の同音異義語の記事で思い出した…というか、いつも思っていることなんですけど。
先生は愛人?


IMG_5063
つまり、道を聞かれた時に「次の道をに曲がって、そのまままっすぐ進んでください」と答えたい場合、どっちも使うのはこの「droit」
この違いを、それぞれの前後の文脈で区別するんです。


分っかりにくい(´;Д;`)!

昔はちゃんと別々の言葉があったそうですが、なぜか退化してまっすぐと同一化されたとか。そこ退化するな(涙)


最初知った時びっくりしましたし、私は「世界どこにいてもなぜか道を聞かれる族」のため、毎回もう必死です。
ネットで調べたら同じように思ってる人がたくさんいた(笑)同士よ!


私が世界征服した暁には
、絶対に新しくてわかりやすい言葉に変えてやる〜といつも思っています。みなさん楽しみにしていてくださいね♪


Dさん曰く「日本語だって紛らわしい言葉が死ぬほどあるわ!」とのこと★(о´∀`о)てへ
その辺のシリーズはこちら
Dさんと日本語
日本語を話せるフランス人の疑問(白雪姫編)
日本人はずるい?

と、世界征服の前に本格的に風邪っぽくなってきたので、まずはウイルスの侵略と戦います(泣)そんなわけで今日は1コマですいません…。
に、日本から持ってきた生姜ゆず茶がうまい!!
お大事に〜♪のクリックをいただけたら嬉しいです♪
 
人気ブログランキング  
  

フランス教育現場の実態⑤効率化よりも大事な…?

前回の記事はこちら★

IMG_5054

IMG_5055

IMG_5056

IMG_5057

IMG_5058
本末転倒では?

うーん、納得できたようなできないような( ̄^ ̄)?


ただ、連絡網に関しては納得できない
休校のメールなんて定形テキストいくつか作ればあとは送るだけだし、
休校のたびに保護者と揉めたり、いちいちサポートさんからクラス全員に説明させる方がものすごく非効率的だと思うんですけど…?
よくわからんフランス。

そんなわけで、今日も私は子どもを学校に連れて行く途中、
「今日は無事に開いていますように」と祈るのであった…。

ただ、昨日の記事でコメントくれた方がいたんですが、ちゃんと前日に連絡して教えてくれる学校もあるようです(そりゃそうだよね)。そっちの方が学校も絶対に楽だと思うんだけどなあ?


さてさて、フランスの幼稚園の愚痴ばかり言っているきくこですが、
じゃあ日本で子育てしたかったか?と言われると実は…?
IMG_5043
画像使い回し(笑)


続きます★

これとちょっと関係のあるお話がこちら★
次男退学の危機?前編
次男退学の危機?後編
フランス分業教育への恨み節

こちらのシリーズの前の記事はこちら♪
フランス教育現場の実態①
フランス教育現場の実態②
フランス教育現場の実態③

日本教育現場の裏側★
フランス教育現場の実態④


喉のチクチクに怯えるきくこに、風邪ひかないで頑張って!のクリックをいただけるとブログ更新と体調管理の励みになります…(T ^ T)もう毎年嫌だー!!

人気ブログランキング 

フランス教育現場の実態④共働き大国の矛盾

前回の話はこちら★
よく「フランスは子どもも教育者の権利も守られていて素晴らしい!」みたいな話を日本で聞くけど、本当にそうかな?ってお話デス。
IMG_5038

IMG_5039

IMG_5040

IMG_5041
このシステムはもしかしたらうちの学校だけかも知れませんが…。
ちなみにパリにはこういう急な休校にも対処できるよう、子どもを預かる場所があると聞いたことがありますが、うちの近所では聞いたことないです。
IMG_5042
フランスの幼稚園(学校)
休み多すぎ問題。

日本の幼稚園って園側や先生都合で休んだりってそんなに聞きませんよね?(日本の幼稚園は副担任制度が多いからでしょうが)

それがどれだけ凄いことかこっちにきてよく分かりましたわ…。
 

現在少し価値観が変わってきつつあるといっても、まだまだ
共働き大国フランス。
子どもが学校に行ったら速攻で復帰というのがスタンダードなのですが、
実際みなさんこの現実にどう対処しているのか?

子どもを預かってくれる親兄弟が近くにいたらいいですが、私のように国際結婚組や移民だって多いフランス。
結局仕事を休んで対処するのは女性の方が多いのはフランスも変わりはないらしく、こちらでもずっと問題になっているようです…。

というかこれ、来年くらいには本格的に仕事をしたい私にとっても結構頭が痛い問題。
絶対無理だし…(´;ω;`)どうしたらええのん?


しかし、なぜ副担任制にしないのか?
なぜいつも学校に行ってから休校が分かるドタキャン方式なのか?
次回はここら辺について学校に突っ込んでみたお話です♪

続きます★

これとちょっと関係のあるお話がこちら★
次男退学の危機?前編
次男退学の危機?後編
フランス分業教育への恨み節

こちらのシリーズの前の記事はこちら♪
フランス教育現場の実態①
フランス教育現場の実態②
フランス教育現場の実態③

日本教育現場の裏側★


っというかっっっ!!
今まさにこの「先生側の都合」で次男が今週ずっと休校です!!(T ^ T)
仕方がないけどフランス語のレッスンキャンセルしたり、予定がズレ込んじゃうんだよなあ…。はああ〜。
あ、明日はあるかなぁ?(しつこいですが学校に直接行かないとわからないシステム)毎日が賭けだっぺー!
とほほーん★なきくこドンマイ!のクリックを頂けたら嬉しいです♪

人気ブログランキング

プロフィール

きくこ

のんびりしているくせに、ちょっとのことですぐ焦るアラサーの2児の母。フランスでたくさんの人に助けられながら楽しく暮らしています。40歳までにもうちょっと成長したい!

Twitter プロフィール
ギャラリー
  • 意識低い系親子旅行
  • 意識低い系親子旅行
  • 外に出ないで日本満喫する女
  • 初へアドネーション体験
  • 初へアドネーション体験
  • 初へアドネーション体験
  • 初へアドネーション体験
  • 初へアドネーション体験
  • 愛と哀しみの帰国