パリ郊外でフランス人教師の首を切断して殺害するという事件が起こりました。

詳細はおなじみミネットさんのブログを読んでいただけると分かりやすいです↓

(相変わらず自分で書かないやつ)

だってミネットさんの方がちゃんとしてるんですもの…(^^;

今、この話題で改めてフランスの「表現の自由」について話し合っている日仏カップルも多いのではないでしょうか?

我が家と同じ日仏夫婦の
あこルースさんも現在この話題について連載中↓

あこさんの旦那さんのご意見は
本当に一般的なフランス人の意見です。

そして我が家の場合は…?
IMG_0641

IMG_0642
Dさんの実パパはイスラム教徒です(Dさんは無宗教)
IMG_0643

IMG_0644

IMG_0645

IMG_0646


私は歴史にそこまで詳しいわけではありませんが「言論の自由」というテーマで考えるだけでも、ガリレオの宗教弾圧やナチスドイツの悲劇、今なら中国のチベット問題…。いくらでも題材が考え付きます。
にも関わらずイスラム教を挑発したあの絵を
絶対に用いなきゃいけない授業だったんでしょうか…?

殺された教師の人は「見たくない人は教室を出ていくように」と伝えたとのことで配慮はされていたと言いますが、ミネットさんも書いていましたが、特定の生徒に疎外感を与えたり、全員が参加することができない授業なんて授業と言えるんでしょうか?


私も人のことを言えませんが、そこに無意識の差別はなかったか?と思ってしまうわけです(´・ω・`)↓

全9話

これは長ーいフランスとイスラム教の歴史、さらに移民問題が複雑に絡み合っている事件なだけに簡単に結論は出ませんが、やはり日本人としてはフランス側の反応に違和感を感じます。


で、こういう話題になるといつもDさんと揉めるんですが(^^;
やっぱりお互いに沁みついてしまっている思想の国民性っていうのがどうしてもあるのよね…。

死刑制度でもいまだに意見は合いませんし↓

本家シャルリー襲撃テロ事件でもDさんはフランスよりの意見でした。

でも私はこの落書きを見て「所詮シャルリーも…」と苦笑せずにはいられなかったよ…↓

人に迷惑かけてまで主張するべきなのか?


しかし、今回は意外にも、Dさんもフランス側に怒っていました。
そこには、日本人妻を持ったDさんならではの観点が…?


後編に続きます★


あ、足が今年初めてのしもやけに…(´;ω;`)!?
靴下を2枚重ねて履いていましたが、明日からは3枚重ねに決定したきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです…★

人気ブログランキング
かゆいよー!!泣


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪