嫁激(とつげき)★北フランス絵日記

北フランスで清く?楽しく?美しく?生きようともがくアラサー母の記録です。

カテゴリ: フランス全般

今日は本編「帰国の理由」とはあまり関係ない番外編です(^_^;)本編シリーズはこちら↓日仏10年目夫婦①「プロポーズ秘話?」日仏10年目夫婦②「ご報告」帰国の理由①始まりは…帰国の理由②ボヘミアンな男帰国の理由③目論見外れるこの話↓を読んだDさんから言われたことなん ... 続きを読む
今日は本編「帰国の理由」とはあまり関係ない番外編です(^_^;)

本編シリーズはこちら↓
日仏10年目夫婦①「プロポーズ秘話?」
日仏10年目夫婦②「ご報告」
帰国の理由①始まりは…
帰国の理由②ボヘミアンな男
帰国の理由③目論見外れる

この話↓を読んだDさんから言われたことなんですが…


IMG_9767

IMG_9736

IMG_9766

IMG_9765
失礼な!!

確かにフランスでも地域差はあるかもしれませんが、穴、開いてますよフランス!!

石畳がはがれてしまったり、工事の後だから仕方がない時もあるんですが、
それをそのままずーっと放置しているパターンのなんと多いことよ…!!
IMG_9752

今でさえ危ないのに老後とか嫌な予感しかしない…(;´Д`)!

ってゆうかフランス、ほんとなんでこんなんで「先進国」なん!?
と思ったほかの記事はこちら…↓


北フランスはただでさえ冬は道が凍結して危ないのに…という記事はこちら↓

まあだからみんなで助け合うっていうのはあると思うんですけどね…。

そういえば昨日は「トトロ」放送してたんですってねー★ちゃっかりジブリに関する記事はこちら↓


ちなみに私がリールで見かけたウォーリーのイベントはもちろんコロナ騒動の前です(;^ω^)私も参加したーい!なんて思ってました(笑)
フランスでももちろん大人気!うちも3冊持ってます~★

NEWウォーリーをさがせ! トレジャーボックス

目がチカチカするけど楽しいよね♪


大分涼しくなったんですが、まだまだ家の中にこもった熱が出て行ってくれません~(;_;)うちは窓を大きく開けて寝るとほかの家の猫やうちの猫が入れ代わり立ち代わりうるっさいので悩みどころ(´;ω;`)
せめて、
頼むから窓から降りるときに私の腹をクッションにするのはやめてくれと言いたいきくこ早く眠れるといいね~のクリックをいただければ嬉しいです…★

人気ブログランキング
ま、でも日本の猛暑の方が深刻ですよね…(~_~;)

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

これから「フランス人と幽霊」というテーマでしばらく書いていこうと思います★私自身も怖い話が大嫌いなので、そこまで怖い話は書きませんが、苦手な人ごめんなさい!うーん、うちの母いまだに「あの時父はビビッて私にベランダに確認に行かせた」って笑ってるし、一方の父 ... 続きを読む
これから「フランス人と幽霊」というテーマでしばらく書いていこうと思います★
私自身も怖い話が大嫌いなので、そこまで怖い話は書きませんが、苦手な人ごめんなさい!





IMG_9209


IMG_9210

IMG_9211

IMG_9213

IMG_9214

IMG_9215

うーん、うちの母いまだに「あの時父はビビッて私にベランダに確認に行かせた」って笑ってるし、一方の父はこの話をしたがらないので、きっと嘘じゃないんですけどね…。

フランス人の死生観ってわりとあっさりしてて、
生きているうちが全て!みたいな感じがします。

この話でも書きましたが↓

自分の信念は命を懸けて貫きますが、かといって日本みたいに「耐える美学」とかは一切ない人たちなので、幽霊になるような要素がないのは確かですね(笑)


「パリパリ伝説」のかわかみさんも何回かこのテーマをエッセイを書いていました。

パリパリ伝説 (1) (FEEL COMICS)

もちろん信じている人もいるにはいるらしいです…。

あと旦那さんがイタリア人の漫画家ヤマザキマリさんもイタリア人は幽霊を信じないって書いてましたし、
このエッセイ中で書いてました★↓

イタリア家族 風林火山 (ぶんか社コミックス)

「テルマエ・ロマエ」が有名ですが、彼女のエッセイもほんと面白くて大好きです!!

やっぱラテン系は幽霊にならないのかしら?
お隣のイギリスは幽霊話大国なのにこの違いは不思議ですね~。

さらに私は以前この話↓でも書いたように(全9話+リフォーム編7話)

霊能力者からお墨付きをもらうほどの霊感0女\(^o^)/

それでも何回か不思議な体験をしたことはあり、
実は今住んでいる家でも怪現象が…!やっぱり事故物件…!?
そして、その現象を目の当たりにした時Dさんは…!?

続きます♪


ちなみに実家を建てた当時私は3歳でした★
現在両親は離婚してますが、父とは今も関係はそこそこ良好です♪という記事はこちら↓
ほんとクリソツ親子…(笑)

まあもし座敷童だったなら、何かいいことがあるはずよねー★
あ、あの…私ほんっとに怖い話嫌いなので、コメント欄などで怖い話書かないでください(懇願)。
じゃあこんなシリーズ書くなよ!と突っ込みたくなった人もそうでない人もクリックをいただけると嬉しいです…(;´∀`)

人気ブログランキング
霊感0でも怖いもんは怖い(T_T)

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

えー、前回までのシリーズ↓で「フランス人の最高の誉め言葉は『悪くない』です」ということを書いたんですが、ちょっと誤解を招くかなあとも思ったので補足させてください★(;´∀`)そう、なんというかフランス人、既製品やプロの料理には厳しい!!「素直に褒めてたまるも ... 続きを読む
えー、前回までのシリーズ↓で「フランス人の最高の誉め言葉は『悪くない』です」ということを書いたんですが、ちょっと誤解を招くかなあとも思ったので補足させてください★(;´∀`)





IMG_9041

IMG_9042
そう、なんというかフランス人、既製品やプロの料理には厳しい!!
「素直に褒めてたまるもんかい!」というのをひしひしと感じる…。
(これはDさんだけに限らず多くのフランス人がこういう人が多いです。ほんと!)

そんなフランス人の特性を知らなかったころはこんなこともありました(日本在住時の話です★)
IMG_9043

IMG_9044

IMG_9045
こういうのが何回もある(笑)

ちょっと前回の書き方だと「フランス人が作ってくれた料理には『悪くない(パ・マル)』って言っておくのが良いんだ!」という誤解を招きそうだなあ~と思って(;^ω^)

フランス人は確かに皮肉屋で、日本より感情表現もストレートであるとは思いますが、それでも暗黙の了解というのは存在しています(まあ当然と言っちゃあ当然ですが)。
家庭料理に対して「悪くない」なんて言うのはやっぱり失礼です!という話でした(;´∀`)


さて、10年前はよくわかっていなかった私も、今ではDさんのただの「悪くない」と、ほんとは美味しい「悪くない」の違いが表情やしぐさで分かるようになりました。
まぁめんどいことには変わりありませんが(ー_ー;)




その他も「フランス人は皮肉屋だから」と耐えていたらただの勘違いだった↓という記事はこちら(笑)


そのほか、フランス人の驚きの生態について書いた記事はこちら↓


今日七夕だったんですね★ということにあと2時間で7日が終わる今気が付いたきくこです…。
ううう…移住当時は「フランスにいても日本行事だって大事にするんだ!」なんて思ってたんですが、普通に忘れまくってます(´;ω;`)
織姫様彦星様!どうか記憶力が向上しますように!と願わずにいられないきくこに、ドンマイ★のクリックをいただけたら嬉しいです…!!

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

初めて知りました!こちらのサイト↓に書いてありましたが、2013年からパリでも毎年駅伝大会しているんですって!(まあ今年はコロナで残念ながら中止でしょうが…)外部リンク→フランス・エクスプレス~パリで駅伝?~まだ歴史も浅く、日本のように有名選手が参加して ... 続きを読む
IMG_8884

IMG_8885

IMG_8886

IMG_8894

IMG_8888
初めて知りました!

こちらのサイト↓に書いてありましたが、2013年からパリでも毎年駅伝大会しているんですって!(まあ今年はコロナで残念ながら中止でしょうが…)
外部リンク→フランス・エクスプレス~パリで駅伝?~

まだ歴史も浅く、日本のように有名選手が参加している例はまれらしいですが、フルマラソンやハーフのように何十キロを一人で走るのではなく、みんなで分担して街を走るのも楽しそうですよね~♪

私もこっちで走るのが好きな友達ができたら挑戦してみたいかも~(^^)(それか日本の友人を誘って参加するか…?)


他にも通じちゃう意外な日本語シリーズはこちら↓


ちなみに弁当「BENTO」も和製外来語だけど、その実態は…?な話はこちら↓


Dさんが誤解した日本語についてはこちら↓




おまけ★
人間ウォッチも好きですが、自然ウォッチも好きな私(つまりなんだっていい。笑)
再びアジサイウォッチングもしてきました~♪
IMG_8893
IMG_8892
前も書いたけど、アジサイの色って土の酸性度で決まると思ってましたが実際はどうなんだろうと調べたところ、本当は個々の花が吸い上げる土中のアルミニウムの摂取量の違いで決まるそうです!だから一か所にいろんな色のアジサイが咲く場合があるんですって~!知ってた?

駅伝もアジサイの色の違いについても、知ってた人も知らなかった人なるほど~!!のクリックをいただけるとブログ更新の励みになります(^ω^)

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

こちらからなんとなく続いているシリーズです↓フランス人は不倫に寛容?日本人の方が不倫に寛容?フランス人夫のキャバクラ体験記①フランス人夫のキャバクラ体験記②フランス人夫のキャバクラ体験記③フランス人夫のキャバクラ体験記④フランス人夫のキャバクラ体験記⑤番 ... 続きを読む
こちらからなんとなく続いているシリーズです↓
フランス人は不倫に寛容?
日本人の方が不倫に寛容?
フランス人夫のキャバクラ体験記①
フランス人夫のキャバクラ体験記②
フランス人夫のキャバクラ体験記③
フランス人夫のキャバクラ体験記④
フランス人夫のキャバクラ体験記⑤
番外編★私とホストの思い出
フランスは年の差恋愛に寛容か?①

前回の話はこちら↓


IMG_8864

IMG_8865

IMG_8866

IMG_8867

IMG_8868

フランスの自由主義も個人主義も好きだけど、この未
成年の年の差恋愛に関してはちょっとフランス極端すぎるよなあと感じたので書いてみました。


この暴露本の話とかもすごい話ですよね…!
こんな恐ろしい作家に賞あげてたとかフランス…2013年なんてつい最近じゃん(;´Д`)!

詳細の関連リンク↓
ロリータの反撃 芸術文化賞受賞作家マツネフ氏 その栄光と転落

確かにフランスの芸術家には、今思うとアウトの人が結構多いですよね。
ゴーギャン、ピカソ、シャガール…。

そして前このシリーズでも書きましたが↓

フランスって「芸術家」へのリスペクトが別格なんです。
だから感性豊かな芸術家のやることなら、どんなことでも芸術だからオッケー!という風潮が確かにあったわけです。割と最近まで。
シリーズの最初に書いた、風俗に行ったことをペラペラ話す日本の芸能人に近い闇を感じる…。

しかし、それまで訴える術がなかった人たちがいろんな方法で声をあげられるようになったことで、そういう時代は終わりつつあるのだ…とも思います。

良いことですよね!
個人的に年の差恋愛自体に偏見はないつもりですが、それでも10代の子にあまりに年が離れた大人が手を出すのは、そこに合意があっても自覚なき虐待だと思います…(´・ω・`)



最後はちょっとフランスの闇に触れましたが、一応このシリーズは終わりにします♪
またなにか追記があったら書いていこうと思います★


そもそもティーンエイジャーにどこまで責任を負わせられるか?というお話はこちらにも↓

続きのシリーズはこちら↓



ちなみに現在18歳の義妹ちゃん、今は同じ年の初彼氏さんがいてとっても幸せそう♪
この彼氏さんがまあほんっとに見るからに優しそうで!危険な男が好きな義母と正反対のタイプ(笑)親が奔放だと子どもは反面教師にしやすいかもね…(^^;
ティーンエイジャーEちゃんのステキな青春を願ってやまないきくこに、そうだね!のクリックをいただけたら嬉しいです!

人気ブログランキング


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

こちらからなんとなく続いているシリーズです↓フランス人は不倫に寛容?日本人の方が不倫に寛容?フランス人夫のキャバクラ体験記①フランス人夫のキャバクラ体験記②フランス人夫のキャバクラ体験記③フランス人夫のキャバクラ体験記④フランス人夫のキャバクラ体験記⑤番 ... 続きを読む
こちらからなんとなく続いているシリーズです↓
フランス人は不倫に寛容?
日本人の方が不倫に寛容?
フランス人夫のキャバクラ体験記①
フランス人夫のキャバクラ体験記②
フランス人夫のキャバクラ体験記③
フランス人夫のキャバクラ体験記④
フランス人夫のキャバクラ体験記⑤
番外編★私とホストの思い出

前回の話はこちら↓


IMG_8841
ちなみに男性の方がDさんの同僚です。
IMG_8837

IMG_8838

IMG_8839

IMG_8840
うーん…今も仲良し夫婦だからいいのか?
ただ運命の相手と会うのが早かっただけ?

そりゃあ「人生50年」みたいな時代だったら普通だったんだろうなと思うし、現代でもこれが20代同士だったら全然気にしないんですが。
10代の6歳って結構大きいですよね…。

前書いたこの映画の時代なんてそれこそ27歳で「オールドミス」呼ばわりです…↓


なんか違和感は否めない。
でも、反対しても若いカップルは止められない(むしろもっと突っ走る)だろうしだったら親としても報告してくれたことを受け止めて、がっつり見守った方が正解なんでしょうね(実際私が親の立場だったらそうすると思います)。

まあこの2人の親御さんが、見守ったのか?ただ単に放任なのか?
どういうスタンスだったのかは分かりませんが。


しかしこれを
本人も話して、またDさん含む周囲も特に気にしていないことにちょっとびっくりしたフランスの年の差恋愛事情でした★

ただ、やはり
そんなフランスでも時代は変わりつつあるかも…?
次回で一応最後の予定です★フランスの闇の部分を語ります!
続きます♪


でも実際問題やっぱりあんまり若い子の付き合いは心配になるよね…(´・ω・`)同僚さんカップルは20代になってから結婚してお子さんを授かって今もとても仲が良いそうですが、そんなふうに支えあえる若者ばかりじゃないし…。
私が出会った10代の妊婦ジプシーの話はこちら↓


私のトップ10に入る大っっっ好きな映画!!↓

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

私の映画好き人生はここから始まった…!(笑)



あ つ い…。
そう言い残して蒸発しそうなきくこに応援のクリックをいただけたら嬉しいです…★

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

こちらからなんとなく続いているシリーズです↓フランス人は不倫に寛容?日本人の方が不倫に寛容?フランス人夫のキャバクラ体験記①フランス人夫のキャバクラ体験記②フランス人夫のキャバクラ体験記③フランス人夫のキャバクラ体験記④フランス人夫のキャバクラ体験記⑤前 ... 続きを読む
こちらからなんとなく続いているシリーズです↓
フランス人は不倫に寛容?
日本人の方が不倫に寛容?
フランス人夫のキャバクラ体験記①
フランス人夫のキャバクラ体験記②
フランス人夫のキャバクラ体験記③
フランス人夫のキャバクラ体験記④
フランス人夫のキャバクラ体験記⑤

前回の話はこちら↓
 

今回からは先日書いたマクロン大統領とその妻ブリジットさんに関連して「年の差恋愛(結婚)」について書いてみようかなと思います★
IMG_8826

IMG_8827

IMG_8828

IMG_8829
私生活はさておき、政治手腕に関してはフランス人、容赦ないです。
今もずーーっとデモやってるしね…(^^;
なんとジレ・ジョーヌなんて2年近くやってるんですね!という記事はこちら↓


フランスの個人主義についてはこの辺の記事で触れたように↓


自分も好きにする分他人にも口出しはしない、というスタンスの人が多いため、年の差に関しても好きにすれば?という人が圧倒的です。

これは本当に素晴らしいことですよね!
ついつい他人のことに口出ししがちな日本人は見習うべき部分があるんじゃないかなあと思います。
まあかといってフランス人もなんだかんだゴシップ好きですけど(;´∀`)

私も人生なんてあっという間なんですから、年の差があろうがなかろうが、友人だろうが恋人だろうが、とにかく好きな人と一緒いるべきだと思います。

ただ、寛容さは素晴らしいことではあるけれど、
それでもやはりギリギリのラインは存在していると思うのです。

次回の話はアウトかセーフか?ぜひ皆様の意見も聞いてみたい…!

続きます♪


3日前は夜寒くて毛布かぶって寝てたのに、今日は暑くて上の部屋で眠れません…!もうなにこの体感ジェットコースター!!(´;ω;`)
大慌てで今下で寝る準備をしているきくこに応援のクリックをいただけたら嬉しいです♪

人気ブログランキング
明日35度行くとか…うそでしょ?うそだと言ってえぇぇぇぇぇ!(泣)

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

なんとなく以前の話と続いております↓ 前回の話で、フランス人のDさんにも言い分が…?「風俗は不倫か?」は個人で意見が別れるところだと思いますが(民法上は違うんですよね確か)、私としてはやっぱり病気のリスクとかあるし、何よりもこっちが子育てとか頑張っているとき ... 続きを読む
なんとなく以前の話と続いております↓

前回の話で、フランス人のDさんにも言い分が…?
IMG_8702

IMG_8706

IMG_8709

IMG_8708

「風俗は不倫か?」
は個人で意見が別れるところだと思いますが(民法上は違うんですよね確か)、私としてはやっぱり病気のリスクとかあるし、何よりもこっちが子育てとか頑張っているときにお金を払ってそういうことをほかの女性としていたらとても悲しいです(´・ω・`)

感情的に不倫と同じ扱いになるので、もし行ったやはり2.3発殴ってサヨナラするとDさんには伝えてあります。まあそんなこと言っても行く人は行きますけどねー。


こちらも芸能ネタですが、ちょっと前に「コロナの外出自粛が終わったら風俗にかわいい女の子が入るからそれを楽しみに待ちましょう」と言って大炎上した日本の芸人さんがいましたよね(昔好きだったからショックだったよー!)。

その時にTwitterにも書いたんですが、
ほんと日本人男性って風俗に行った話を武勇伝みたいに話す人多くない?

私は風俗で働くことについての善悪は簡単には判断できないと思うし(人には事情がありますしどんな立場だって明日は我が身です)、他人が利用することも何とも思いません。夫婦公認だっていいんじゃないでしょうか。お互いが納得していれば。

でも、親しくもなければ、聞いてもいないのにニヤニヤ話してくる男性は本当に気持ち悪い。病院勤務時ほんと多かったー!(´;ω;`)

こちらも病院勤務時代の話↓日本人女性求められるものが多すぎてきつくない…?

その辺はフランス人の方がプライドがあるのか?確かに堂々と話す人はほぼいないと感じます。

フランスは実力でモテてなんぼ?
フランスのモテを考察してみたシリーズはこちらから↓(全10話)
上記ゲンスブールについても8話目に出てきます★

ただ、これも後で書きますが、ひと昔前のフランスはもっとヤバかった時期がありました。

…と、それを書く前に最後に描いたDさんの日本でのキャバクラ体験記を書こうか迷い中(笑)
需要あるかしら?

またまたなんとなく続きます★



上記のフランスの売春事情に関してはこの映画でその実情の一端を知ってとてもショックを受けました。

女はみんな生きている [DVD]

そこまで重く作ってるわけじゃなんですがフランスの闇を垣間見れます。いつもあの夜に街角に立っていた美女とセットで思い出す映画…。よろしかったらぜひ見てみてください。



今日は家族で午前中公園にピクニックに行ったんですが、最近午前中ちょっと遠出しただけでもう午後フラフラです_| ̄|○次男とお昼寝もしているのに…!
なぜ…なぜこんなに体力がないのか!?しっかり体力をつけて育児も家事もブログ更新も頑張りたいきくこ応援のクリックをいただけると嬉しいです!!

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

某芸能人の不倫ゴシップで日本がざわついているのを見て思い出したんですか…(先に書いておきますが、別に不倫を断罪したいわけではないです)まあそりゃそうだ。確かに日本と比べると不倫に関してフランスは寛容だと思います。以前もこのシリーズで書きましたが↓ フランス ... 続きを読む
某芸能人の不倫ゴシップで日本がざわついているのを見て思い出したんですか…
(先に書いておきますが、別に不倫を断罪したいわけではないです)

IMG_8691

IMG_8692

IMG_8695

IMG_8688

IMG_8694
まあそりゃそうだ。

確かに日本と比べると不倫に関してフランスは寛容だと思います。

以前もこのシリーズで書きましたが↓

フランスではたとえ既婚者が不倫してそれが原因で離婚となっても慰謝料は発生しません。
人の心変わりは罪ではないという考えなんでしょう。

ただ、人間の感情なんて世界中そんな違いがないのもまた事実。
フランス人女性だってみんなすっごいやきもちやきだし…↓という記事はこちら
不倫公認夫婦なんて見たことない。まあいるにはいるんでしょうが。

不倫する人が不快という感情を持つ人だってたくさんいますし、そもそも大っぴらにやるべきではないという考えは日本とそう変わりはないと思います。

最後のコマに出てきた人は、こちらの記事に以前書いた↓離婚したけど子どものためにフランスに移住したイタリア人の同僚さんです。
この人はイタリア人ですが、たとえパートナーに愛は無くなっても子どもは大切にするべき!という考えのフランス人も多いです。

あとフランスも最近ではそういう異性関係のゴシップで官僚が辞任させられたりする例も出てきてますので、どんどん厳しくなっていると思います。時代は良くも悪くも変わるんですね~。

それを「フランス人は恋愛自由主義。不倫はまさに文化なんでしょう?」と思っている日本人の人もいまだにいますが、違いますよ~という話でした★

でも上記の過去記事にもあるように、私から見ると日本の不倫の方がよっぽどたちが悪いと思うの…。
その辺について、ちょっと続くかも?



ちなみに私はDさんに「もし心変わりしたらフライパンで2、3発殴ったのち潔く別れてあげるから言ってね★」と伝えています。Dさんは「ほぼ死亡宣告じゃないか」と怯えていましたがなんでかしら?(´∀`)おほほほほ!!
きくこのあまりの慈悲深さに感動した読者さんはぜひクリックを♪

人気ブログランキング
まあ逆もしかりなんですけどね…。

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

なんとなく続いているテレビシリーズです★前回の話はこちら↓ あ、対象年齢です(^^;誤字ごめんなさい↑現在のフランスではチャンネルや時間ごとに対象年齢別の番組を分けたり、いわゆる「R指定」をちゃんと表示しているのでオリジナルに近いストーリーを流せているそうです ... 続きを読む
なんとなく続いているテレビシリーズです★前回の話はこちら↓


IMG_8409

IMG_8410

IMG_8411

IMG_8412
あ、対象年齢です(^^;誤字ごめんなさい↑
IMG_8413

IMG_8414

IMG_8415

現在のフランスではチャンネルや時間ごとに対象年齢別の番組を分けたり、いわゆる「R指定」をちゃんと表示しているのでオリジナルに近いストーリーを流せているそうですが、昔のフランスでは「アニメはアニメ」とすべてひとくくりに扱われていたため、低学年の子でも見れることを優先して不適切なシーンをバンバン修正して流したそうです。
日本でいうならアンパンマンの直後に昔のお色気版ルパン三世流しちゃう…みたいな感じ?

そうなると当然ストーリーや作品の印象が変わってしまうものが出てきて、
このニッキ―ラーソンは日本のシティハンターよりお笑い色が濃い目のイメージなんだそうです。なるへそ!
だから、フランス人と同じアニメが好き!と盛り上がったとしても、実は世代によっては作品が全く違う印象になっているものもあるよ〜ということでした。


ちなみに私この実写版「シティハンター」フランスで見たんですが、すっごく面白かったです!!

私はシティハンターは漫画を軽く読んだくらいでアニメは見てなくて、そんなに詳しくないうえに映画はフランス語で見たので言葉も分からないところはたくさんあったんですが、それでも久しぶりにおなかを抱えて超笑い転げました★

ただかなりブラックなジョークもあるので、万人にお勧めできるかといったら微妙(^^;

このジェンダーと動物愛護に厳しい時代によくこんな映画作ったよ…さすがフランス。
アメリカだったら絶対に作れなかった実写版です(笑)

まさについ最近5月に日本でもDVDになったようなので、気になる方は良かったら見てみてください(^^)

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション デラックス吹替版


ではでは、なんとなく続いたシリーズでしたが、とりあえす一回終わります(^ω^)★
また何かあったら書きますね~♪

なんとなく続いてるDさんとのテレビ話まとめました↓
①「お前は何しに来た?」
②フランス人夫の好きな日本ドラマと女優さん
③フランスで禁断の日本のキャラクター

ちなみにKが出てくる話はこちらにも↓

実はKは現在こちらのケーキ屋さん↓で働いています★
日本で頑張っていてすごい!


せっかく衣替えして夏用衣服を前面に出したのに、もう今日は寒いです(苦笑)ほんと北フランスの天気は読めませんわ…(´・ω・`)
子どもが風邪をひかないように必死なきくこにどんまい!のクリックをいただけると嬉しいです…★

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪