嫁激(とつげき)★北フランス絵日記

北フランスで清く?楽しく?美しく?生きようともがくアラサー母の記録です。

カテゴリ: 時事ネタ

前回の話はこちら↓ 「パリの教師襲撃事件」で珍しくDさんと意見が一致しました。そのわけを聞いてみると…?つまりアラブ系は「そういうイメージ」があるということです。Dさんがこう言ってくれるようになったのは、本当に最近…というか今回が初めてかも。それまで、何度D ... 続きを読む
前回の話はこちら↓


「パリの教師襲撃事件」で珍しくDさんと意見が一致しました。
そのわけを聞いてみると…?

IMG_0655
つまりアラブ系は「そういうイメージ」があるということです。
IMG_0663

IMG_0657

IMG_0658

IMG_0659

IMG_0660

IMG_0661

IMG_0662
Dさんがこう言ってくれるようになったのは、本当に最近…というか今回が初めてかも。
それまで、何度Dさんとこの「言論の自由・表現の自由」について揉めたでしょう!

事例は同僚さんのことを書きましたが、実際Dさんだってこういうくだらない差別ギリギリのジョークを私に平気で何度も言ってきたわけです。


そのたびに、「私は悲しい」ということを時には大喧嘩しつつ伝えてきましたが、
これだって伝えようと努力するのはまだ相手に愛情があるからで、無い相手には無関心(日本人は基本これよねー)になったり、ましてや憎んでしまうのも相手側の勝手なんですよね。
結婚13年目にしてDさんがそういうことを少し理解してくれたのは私にとっても嬉しいです。まあ依然としてDさんが失言オンパレードなのは変わりがないですけどね!(´;ω;`)


何度も書きますが、殺人やテロ行為は絶対にしてはいけないのが大前提として、それでも、やっぱり他の教え方があったのではないかと思ってしまいます。

こんな事件が起こってしまって、教師・生徒・そして親たち、そして何より、健全にイスラム教を愛する人たちがどれだけ怖いかを想像するととても胸が痛みます…。


逆に言うと私も難民やロマ(ジプシー)についてなど、きっとフランスに住まなければその実態を一生知ることもないままだったでしょう(´・ω・`)

ロマ(ジプシー)についてはこちら↓

昔は「悲劇の流浪の民」と言うイメージがあったけれど今は…?

難民もね、理屈じゃ太刀打ちできない深い問題がある!↓

なんとなく続く…かも?★



今日、次男の秋休みの学童初日だったんですが、お昼寝の時に大下痢をしてしまったらしく、すべてお着換え(;´Д`)もちろん着替えは持って行ってますが申し訳ない~!
でも、そのあとも普通に「熱がないから」と預かってくれたそうで、この辺は本当にフランスって寛大でありがたいなあと思うんです…。

しかも服も洗って返してくれて、学校より手厚いじゃん!と驚いてしまいました(;´∀`)
漏らした時の学校側の対応はこちら↓

学童スタッフさんには本当に心から感謝です!

長男は学童に入れなかったので家にいるのですが、こちらも少しリフレッシュして2週間楽しく過ごせるように頑張りたいきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです~♪

人気ブログランキング


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・オリジナルの育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

パリ郊外でフランス人教師の首を切断して殺害するという事件が起こりました。詳細はおなじみミネットさんのブログを読んでいただけると分かりやすいです↓(相変わらず自分で書かないやつ) だってミネットさんの方がちゃんとしてるんですもの…(^^;今、この話題で改めてフラ ... 続きを読む
パリ郊外でフランス人教師の首を切断して殺害するという事件が起こりました。

詳細はおなじみミネットさんのブログを読んでいただけると分かりやすいです↓

(相変わらず自分で書かないやつ)

だってミネットさんの方がちゃんとしてるんですもの…(^^;

今、この話題で改めてフランスの「表現の自由」について話し合っている日仏カップルも多いのではないでしょうか?

我が家と同じ日仏夫婦の
あこルースさんも現在この話題について連載中↓

あこさんの旦那さんのご意見は
本当に一般的なフランス人の意見です。

そして我が家の場合は…?
IMG_0641

IMG_0642
Dさんの実パパはイスラム教徒です(Dさんは無宗教)
IMG_0643

IMG_0644

IMG_0645

IMG_0646


私は歴史にそこまで詳しいわけではありませんが「言論の自由」というテーマで考えるだけでも、ガリレオの宗教弾圧やナチスドイツの悲劇、今なら中国のチベット問題…。いくらでも題材が考え付きます。
にも関わらずイスラム教を挑発したあの絵を
絶対に用いなきゃいけない授業だったんでしょうか…?

殺された教師の人は「見たくない人は教室を出ていくように」と伝えたとのことで配慮はされていたと言いますが、ミネットさんも書いていましたが、特定の生徒に疎外感を与えたり、全員が参加することができない授業なんて授業と言えるんでしょうか?


私も人のことを言えませんが、そこに無意識の差別はなかったか?と思ってしまうわけです(´・ω・`)↓

全9話

これは長ーいフランスとイスラム教の歴史、さらに移民問題が複雑に絡み合っている事件なだけに簡単に結論は出ませんが、やはり日本人としてはフランス側の反応に違和感を感じます。


で、こういう話題になるといつもDさんと揉めるんですが(^^;
やっぱりお互いに沁みついてしまっている思想の国民性っていうのがどうしてもあるのよね…。

死刑制度でもいまだに意見は合いませんし↓

本家シャルリー襲撃テロ事件でもDさんはフランスよりの意見でした。

でも私はこの落書きを見て「所詮シャルリーも…」と苦笑せずにはいられなかったよ…↓

人に迷惑かけてまで主張するべきなのか?


しかし、今回は意外にも、Dさんもフランス側に怒っていました。
そこには、日本人妻を持ったDさんならではの観点が…?


後編に続きます★


あ、足が今年初めてのしもやけに…(´;ω;`)!?
靴下を2枚重ねて履いていましたが、明日からは3枚重ねに決定したきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです…★

人気ブログランキング
かゆいよー!!泣


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

「フランスのモテを考える」シリーズの途中ですが、フレッシュなうちに時事ネタをば★そちらについての記事はこちら→ゴーンさんの逮捕を受けての仏夫の一言意外とゴーンさん寄りの人は少なくて驚きました。私個人としては確かに日本で外国の人が公平な裁判を受けるのは難し ... 続きを読む
「フランスのモテを考える」シリーズの途中ですが、フレッシュなうちに時事ネタをば★
IMG_6412

IMG_6413

IMG_6414
そちらについての記事はこちら→ゴーンさんの逮捕を受けての仏夫の一言
IMG_6415
意外とゴーンさん寄りの人は少なくて驚きました。

私個人としては確かに日本で外国の人が公平な裁判を受けるのは難しい現状を知っているので、逃げたい「気持ち」は分かる。
けど逃げちゃダメ。

そしてDさんのいう「スター気取り」もすごく同感。ケッ!

でも、私だったらそれこそレバノンのような情勢が不安定な国で過ごすのは嫌だなぁー。フランスで育ち、日本で過ごした人が今後長い人生をレバノンで過ごすことができるのかなあ?(まあそのうちしれっとフランスに戻る気なんでしょうが)



フランスの死刑制度に関する見解に関してはこちら↓




★おまけ
今年初めてのガレット・デ・ロワはこの「星の王子さま」のフェーブ欲しさに、大手スーパーカルフールで購入★
なにそれ?という方はこちら(Wikipediaに飛びます)→ガレット・デ・ロワ
IMG_6404
なんかチャリティ企画でもあるそう。
IMG_6405
フェーブの種類↑王子様が欲しい〜。
IMG_6403
入れ物の袋も可愛い♪
ちょっと値段(9ユーロ)の割に小さい気がするけど、まあ星の王子さま代…?(^^;;

当たったのは次男、入っていたのはこちらの狐さんのフェーブ★
IMG_6407

できたら星の王子さまが欲しかったけどそんなにうまくいかんかー。
まあ良いや、これを始めにコレクションして…

と思った3秒後に次男が床に叩きつけて割ったので、もうどうでも良くなりました♪
来世コレクションしよー。写真撮れただけ良かった。涙★


ついつい投げやりな気持ちになっちゃうきくこに応援のクリックをいただけるとブログ更新の励みになりまっす♪

人気ブログランキング
そういえばカルロスゴーンと星の王子さまの作者のサンテクジュペリって激似よねー(気になる方は検索プリーズ★)

すいません!現在画像がうまく載せられないトラブルが発生しています。パソコンやアイパッドからだときちんと全ての画像が見れるようですが、スマホやツイッター経由で見に来てくださった方は画像が正しく表示されないかもしれません。治せるか不明なのですが、少し時間を置 ... 続きを読む
すいません!現在画像がうまく載せられないトラブルが発生しています。
パソコンやアイパッドからだときちんと全ての画像が見れるようですが、スマホやツイッター経由で見に来てくださった方は画像が正しく表示されないかもしれません。治せるか不明なのですが、少し時間を置いてくださると見れるようになるかもしれないです(お手数おかけします!)
IMG_6312

IMG_6319
元になったニュース記事はこちらから★(フランス語です)
IMG_6314

IMG_6315

IMG_6316

IMG_6317

IMG_6308

IMG_6318
子どもの連れ去り問題…。
これって日仏夫婦が原因でハーグ条約作られたんじゃないの?ってくらい多いトラブルなんですよね。多くは日本人女性が勝手に子どもを日本に連れて行ってしまうパターンが圧倒的なのですが(それそれ事情があるでしょうから、これについてどちらが良い悪いの話はしません)。


ハーグ条約は「子どもは原則生まれた国で育てるべき」という考えなので、 我が家がもし離婚した場合はDさんが親権的には圧倒的に有利です。

しかし一方で、現実問題としてDさんにシングルファーザーは無理でしょうね…。

子どもの世話は「お手伝い」程度だし(そもそも子どもの世話自体苦手と公言してる人)。
何回も書いてますが、フランスの教育機関は休みも多いし実家の支え等がないとシングルで育てるのは日本以上に難しいと思います。
その辺についての記事はこちら→フランス教育現場の実態④共働き大国の矛盾

義母Cも今は遠方ですし、今後も彼氏が変わってあちこちに移動する可能性もあるし…。
その辺についてはこちら→お義母様列伝③これぞフランス!な恋愛遍歴〜その1〜


逆にこの辺は、私の母みたいな子ども命!で子育てサポートにも積極的な義母だったりしたら、私の立場が危うかったかもしれないです…。
いや、ほんと良い人なんですけどね!


日仏の離婚問題について、そういえばこんなことも話したなあと思い出したので明日になんとなく続きます★クリックをいただけると今後もDさんと仲良く(笑)ブログを更新していきたいなと思います♪

人気ブログランキング
 まあほんと難しい問題ですよね…。連れ去りについては双方言い分があると思う…。

ちょぉっと残酷な話かも^^;苦手な人はリターンプリーズ!ネコ科すごい。いやー、やっぱりこういう場面見ちゃうと、いくらトラとかライオンとか可愛くても、絶対に一緒には暮らせないよなあと思いますね…。むこうにとってはじゃれたつもりで、こっちはあっさり天国行きです。 ... 続きを読む
ちょぉっと残酷な話かも^^;
苦手な人はリターンプリーズ!







IMG_5238

IMG_5239

IMG_5241

IMG_5243
ネコ科すごい。

いやー、やっぱりこういう場面見ちゃうと、いくらトラとかライオンとか可愛くても、絶対に一緒には暮らせないよなあと思いますね…。

むこうにとってはじゃれたつもりで、こっちはあっさり天国行きです。
(鳩さんは自分が絶命したことも気が付いていなさそうでした…)



そういえばちょっと前、フランスでこういうニュースがありまして↓
黒猫と思いきやクロヒョウ…仏アパートで捕獲 違法飼育か

ニュースを見ていて、なんかこの住宅街の風景がうちと似ているなあーと思っていたら、ほんとに私の住んでいる県でした。
やっぱり建物とか、県によって特徴が微妙にありますよね…。

猫ちゃんは好きだけど、窓見て黒豹がいたらびっくりしますわ!

でも、この子保護された先の動物園でまた盗まちゃったみたいで(←どーいうことよ!?)心配です…。無事に見つかるといいなあ。

おまけ★
我が家の黒豹・クロスケ(^^)♪
IMG_0112
この腹のハゲが極上の触り心地で最高です(о´∀`о)!


北フランスの雑な猫事情はこちら↓
北フランスの猫事情
愛しの猫たち~振り向けばMOMO~
その他動物ネタはこちら↓
ここは野生の王国か
態度が悪くても通う店


今日も学校側都合の休校で次男が休みに…(泣)
明日はどうなるのか?ちょっと憂鬱なきくこに慰めの報酬クリックをいただけると更新の励みになります…★ 

人気ブログランキング 
追記・アドセンス(広告)の更新手続きを間違ったらしく、話の途中で広告が配置されてしまっているようです。修正しましたが反映に時間がかかるかも知れません(・_・;お見苦しくて申し訳ないです。
 

頼むから「どこで買ったの?」とか聞かれませんようにと毎回ハラハラしております。いやいや!一応ね、なぜかタグが付いたままの美品が捨てられていたから拾ってきたんですよ!?(って誰に言い訳してんだか…)長男は第一子なので、なんだかんだ新品の服だってよく買ってい ... 続きを読む
IMG_5226

IMG_5227

IMG_5229
頼むから「どこで買ったの?」とか聞かれませんようにと毎回ハラハラしております。

いやいや!一応ね、なぜかタグが付いたままの美品が捨てられていたから拾ってきたんですよ!?(って誰に言い訳してんだか…)

長男は第一子なので、なんだかんだ新品の服だってよく買っているんですが、なぜかこのシャツがやたら気に入ったみたいなんですね。子どものツボって不思議…。



あと、パリで30歳の日本人男性が9000千万円の腕時計を盗まれたそうですね。
最初ニュース見たとき絶対一桁間違ってると思った…。
詳細はこちら→パリで日本人が9千万円の腕時計盗まれる 世界で30個

ツイッターでも書きましたが、世の中30歳で9000万円の時計をつけることができる人間がいるんですね。
しかもアラブの石油王とかじゃなくて日本人で!!
見つかると良いですねぇ…(見つけたら1割くらいくれるんでしょうか?ゲヘゲヘ)。



そんな私も実はつい最近腕時計を購入しまして★
こちらのクックパッド 9月号の付録のムーミン(というかミイ)の腕時計です♪
今は日本の実家に預かってもらっております。楽しみ!

cookpad plus(クックパッド プラス)2019年 秋号

え?値段?1000円ですよ? イエーイ!!


ああ、いつか私も9000万円の時計を…うん、ないね(笑)
それに百万が一買えるお金が手に入ったとしても、フリマのゴミ箱でシャツ拾ってくる方に喜びを感じそう(笑)そう私はジェームズ君…(エロイカの)
 
エロイカより愛をこめて 19

以前もエロイカについて書いた記事はこちら→怪しい?チケット

右や左の旦那様〜★
クリックをいただけるとありがてえです(^ω^)!


人気ブログランキング

先日、JAL(日本航空)が事前に赤ちゃんがいる席をネット画面で把握できる、いわゆる「幼児マーク」の表示を始めました。クリックで当該記事のニュースに飛びます↓日本航空、泣き叫ぶ赤ちゃんに近い席を避ける仕組み導入これに感銘を受けた外国人の男性がツイートしたところ ... 続きを読む
先日、JAL(日本航空)が事前に赤ちゃんがいる席をネット画面で把握できる、いわゆる「幼児マーク」の表示を始めました。

クリックで当該記事のニュースに飛びます↓
日本航空、泣き叫ぶ赤ちゃんに近い席を避ける仕組み導入

これに感銘を受けた外国人の男性がツイートしたところ、賛否両論の意見が出て、
中には「赤ちゃんだって好きで泣いてるわけじゃないんだから、もっと寛容になって!」という意見もあったそうですが…

IMG_5098

IMG_5099

IMG_5103

IMG_5102
幼い子どもを長時間の飛行機に乗せるなんて親のエゴだという人がいます。
私もほんとそう思います。
子ども超可哀想(´;ω;`)


でも、じゃあ現実問題として子どものいる海外移住組はどうすれば良いのか?

親が元気なうちに孫にも会って欲しいし、子どもだって幼いうちに日本文化や日本語を吸収して、自分のルーツの国を知ってほしい。

となると、周りの冷たい目や、罪悪感を持ちつつも帰国はするしかないわけで…。


ぜんっぜん違う例えかもしれませんが、
私はダンボールの擦り合わさる音が大っ嫌いです
(いつも荷物を鳥肌立てながら開けてます。笑)

でも、もし飛行機のような長時間密室空間にいなければいけない場合、事情があってその音をずーっと立てないといけないお客さんがいたら、やはり事前に教えて欲しいと思います。
そうしたら、自分の方でも色々対策が立てられますから。

ここでポイントなのは、だからと言って「そんな音立てる客を乗せるな」とは全く思いませんよというところです。
事情があったら仕方がないですよね。ふざけてたら嫌だけど。

幼児マークも、きっとそういう意味で用意したんじゃないかなあと思うんですが…。

ちょっと飛行機を子連れで利用する立場として気になるニュースでした★



でも実際はいつも乗客の人にもキャビンアテンダントさんたちにもとても親切にしていただいています!本当にありがとうございます(о´∀`о)
次の帰国もがんばるぞい!なきくこ一家に、クリックをいただけると嬉しいです♪

人気ブログランキング 
 

デモの新学期って!!絶妙な言い回しに一瞬クスッときましたが、ひさしぶりのデモは結構激化したそうで、実際笑い事ではありません( ;´Д`)一体いつになったら解決するのか…?終わりがなかなか見えません…。猫も杓子もバカンスの国フランスについての記事(ほぼ愚痴)は ... 続きを読む
IMG_4777

IMG_4778
デモの新学期って!!

絶妙な言い回しに一瞬クスッときましたが、ひさしぶりのデモは結構激化したそうで、実際笑い事ではありません( ;´Д`)
一体いつになったら解決するのか…?終わりがなかなか見えません…。


猫も杓子もバカンスの国フランスについての記事(ほぼ愚痴)はこちらにも→今こそ開いてて欲しいのに…!


我が家の息子ズ、本日シラミを仲良くうつしあいっこしていたことが発覚して(しかも発見したのは遊びに来たお姑さん…涙)バタバタの1日になってしまいました…_| ̄|○
そんなわけで今日は2コマで失礼します(^^;;

前回のシラミの記事はこちら→シラミ いました…(T ^ T)


昨日の記事じゃないけど、シラミが珍しいのも当たり前じゃないんですよみなさま!
とほほと落ち込むきくこに応援のクリックをいただけると更新の励みになります…★
 
人気ブログランキング
 

昨日はこのニュースで飛び起き、一日中心が苦しかったです…。実際にDさんもわりと「死刑反対派」でした(というか今でも理想はそうであるべきだと)。ただ、やはり自分に子どもができて、その子どもがもし非情な事件に巻き込まれたら…と考えるようになってから少し変わった ... 続きを読む
昨日はこのニュースで飛び起き、一日中心が苦しかったです…。
IMG_4029

IMG_4030

IMG_4031

IMG_4032

実際にDさんもわりと「死刑反対派」でした(というか今でも理想はそうであるべきだと)。
ただ、やはり自分に子どもができて、その子どもがもし非情な事件に巻き込まれたら…と考えるようになってから少し変わったそうです。


私としては、
犯人がこの世から消えてくれることでしか癒されない・許せないものがある。
と思うんです…。

作家の村上春樹さんも元々は死刑反対派ですが、地下鉄サリン事件の被害者を取材しているうちに多少は必要性を理解したと言っていましたしね…。


でも、フランスって絶対的に「生きている人優先」の考え方なんですよね。
(幽霊を信じている人もほとんどいません)


ミネットさんのこの記事でも、重罪の囚人たちの好待遇にびっくりしました。
監獄の囚人も社会の一員
(すいません、リンク勝手に貼らせてもらいます(^_^;))


もちろん衣食住足りて礼節を知るとは思いますので、犯罪を繰り返す環境にいる人間にこそ手厚い支援は必要だと思っていますし、
別に重罪を犯したからとて、囚人にひどい環境でいて欲しいわけではありません。


また、どうしても人が人を裁く上で冤罪という可能性が否定できないのと、
Dさんはじめとするフランスの死刑反対派に関しては、
フランス革命の歴史とかもあったうえでの思想だなと思うので(短期間であまりに人を死刑にしすぎましたよね…。老若男女、貴重な研究者もろくな裁判もしないであっさりと…)、
一概にフランスが間違っているとも思いません。


でもね、
地法国家で、自分で復讐の手を下せない限り、やはり国家にその代わりをお願いしたいと思うのも当然かと…。

この死刑制度については国際カップルでもよく議論になるのですが、

どちらも言い分やそれぞれの歴史・価値観があるので難しいです…。


でも、今回の事件はもちろん到底許されるものではなく、
やはりきちんと加害者の命を持ってしても裁かれるべきだと思います。

本当にニュースで詳細を知るたびに切ないです…。

改めまして、
亡くなった方のご冥福をお祈りします。
怪我をされた方もどうか回復しますように…。


重いテーマですが、どうしても書いておきたい話題でした。
フランス人の死生観についてなども今度ちょっと書いてみたいです。やはり日本との違いにびっくりします。

皆様のクリックが更新の励みになっております♪ 
 
人気ブログランキング
 

こちらの女性って全身ジャージ!みたいな人ももちろんいるにはいるんですが、歳をとっても可愛らしい格好をしている人も多くて良いですよね♪ 日本はその辺厳しいからなあ…。ちょっと年配の方が足出したり肌露出するとみっともない!みたいな…。(確かに限度はあると思い ... 続きを読む
IMG_3738
こちらの女性って全身ジャージ!みたいな人ももちろんいるにはいるんですが、
歳をとっても可愛らしい格好をしている人も多くて良いですよね♪ 

日本はその辺厳しいからなあ…。
ちょっと年配の方が足出したり肌露出するとみっともない!みたいな…。
(確かに限度はあると思いますが、それにしてもイスラム教徒並みに厳しくね?と思うことが多いです)

みんな好きな服着ようね! 

そのほかにもフランスの素敵女子について書いた記事はこちら♪
マドモアゼルが描きたいの♪①
マドモアゼルが描きたいの♪②


でですね、
話が繋がってるかは微妙なんですが、

私が子どもの時は「素敵な年配の方」といえば着物を着ているイメージがあったので、
ちょっとここでこの件について書かせてください。

最近、着物広告で「ハーフの子を産みたい方に」 銀座いせよしの広告が大炎上という出来事がありました。
(文字クリックで外部の当該記事に飛びます)


これを見た時にヒヤッとした感覚が起こったんですが、


というのも正直ね、私も子どもの時に、冗談「外国の王子様と結婚したーい♪」くらいは口に出したことあるんですよ。
(王子様っていうところが我ながら厚かましい^^;;)

でもね、それはあくまで子ども(幼稚園)の時の話よ!?
大した決意も覚悟もあったわけでなく、次の日には「あ、私やっぱりスミレ組のだいちゃんと結婚するから無理〜♪」ぐらいの願望!


大人になるにつれ、その感覚がどれくらい恥ずべきもので、どれくらい失礼なものであったか、自覚が出てからは「アイタタタ…!」と恥ずかしくなるくらいの!


それを企業が、しかも日本の伝統を担う着物企業が、
今時(3年前の広告らしいですがそんなのあんまり関係ないと思う)がこんなこと書くって…!


なんかねー、この広告ってあの頃の自分の幼さや浅はかさや視野の狭さを見せつけられている気分になってキツイです…。


もちろん私がDさんと結婚したのは「ハーフの子どもを産みたかった」わけではありません。
(王子というより熊だし。笑)

もはや日本も10組に1組が国際結婚しているのに、いまだにこういう感覚の日本って…。
(でもそういう感覚じゃなくなったから、こういうのが議題になったのかとも思う…)


着物を愛する方にも、女性にも、ハーフにも失礼な話よね!


日本の着物文化が海外で人気があるのは事実
なのに、それをくだらないモテだのに絡めて自ら貶めないでくださいな〜。


以上、1コマな上、後半長文になってしまいました★

ちょっと旬な話題のうちに自分の意見を書いておきたかったので…。 



ちなみに私は自分の子どもが「ハーフ」と言われることに関してはあんまり抵抗ないです。
「ダブル」でも「混血」でも、呼び方なんてなんでもいいです。
そこに悪意がなければ。ね!

こんな風に「イエロー!」って呼ばれるのは悪意がなくてもちょっと嫌だけど(笑) 



ではでは、明日はベルギー絵日記に戻れるようにします〜★
25度超えると頭がクラクラする、暑さに弱すぎるきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです(о´∀`о) 

人気ブログランキング