嫁激(とつげき)★北フランス絵日記

北フランスで清く?楽しく?美しく?生きようともがくアラサー母の記録です。

タグ:頑固

前回の話はこちら↓ まあ正直言ってやっぱりなと思いましたよね。でもね、これまで5年かかってる・゜・(ノД`)・゜・。!今の先生は完璧かと言われると、もちろんもうちょっと…!と思う部分もあるんですが、それでもさすが医師団に選ばれるだけあって、肝が座っているという ... 続きを読む
前回の話はこちら↓


IMG_7415

IMG_7416

IMG_7417

IMG_7418

IMG_7419

IMG_7420
まあ正直言ってやっぱりなと思いましたよね。
でもね、これまで5年かかってる・゜・(ノД`)・゜・。!


今の先生は完璧かと言われると、もちろんもうちょっと…!と思う部分もあるんですが、それでもさすが医師団に選ばれるだけあって、肝が座っているというか毅然としているところが頼もしくて助かってます。何よりも近いし!!(笑)


さて、このシリーズで「Dさんってば信じられない!このトンチキクマ野郎!」と思った方(え?後半言い過ぎって?おほほ)、以前の話にも書きましたが、Dさんがこれでもフランス人の中ではかなり柔軟な方です。

なんせギロチンにかけられても変わらない人たちですから、どんなに奥さんが泣いて懇願しても受け入れてくれない人も多いらしいです…。ぞぞぞ!
前も貼りましたが、フランスはモラハラの名称発祥の地でっせ…↓


フランス人と恋愛というと、とにかくレディーファースト&スイート♪なイメージを持っている人が多いですが、決してそうじゃないですよ!ってこと。

特に大人しいイメージのある日本人は狙われやすいよ!というエピソードはこちら↓

まあこれは日本もフランスも変わらないと思いますが、パートナーには言いたいことをちゃんと伝えられるように戦いましょうね!私もまだまだ頑張るよー( ;∀;)!

あ、フランス住んでたら「良い人」基準が下がるって結構ほんとです(笑)その辺はこの記事から↓(ちなみにここに至るまではタグ『ご近所トラブル』からどうぞ★)


またDさんの頑固エピソードがあったら愚痴ついでに描いていこうと思いますが、とりあえずこのシリーズはこれで一回終了です。読んでいただいてありがとうございました★
今までのシリーズはこちら↓
フランス人の頑固さを語りたい①
フランス人の頑固さを語りたい②
フランス人の頑固さを語りたい③
フランス人の頑固さを語りたい④
フランス人の頑固さを語りたい⑤
フランス人の頑固さを語りたい⑥ 
フランス人の頑固さを語りたい⑦

でもね、ここまで読んで分かった方もいるでしょうが、実はDさん以上の頑固者は私。
私の数々の鬼嫁エピソードもいつか描いてみたい気もしたりしなかったり…( ̄▽ ̄;)
こらこらきくこ、自分は棚に上げて逃げるんじゃなーい!のクリックをいただけると戒めになります★

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
https://www.instagram.com/kikuko_kitafrance/
覗くだけならアカウント不要なので、よかったら遊びに来てください(о´∀`о)

前回の話はこちら↓ 当時の私たちはなかなか子ども関係で良いお医者さんに巡り会えず悩んでいました。上記の先生は決して悪い先生ではなかったけれど、とにかく毎回待ち時間が長くて(もちろん救急病院とかなら分かるけれど、一体何のための予約制度なのか…?)、私たち以外 ... 続きを読む
前回の話はこちら↓


IMG_7340

IMG_7341

IMG_7342

IMG_7344

当時の私たちはなかなか子ども関係で良いお医者さんに巡り会えず悩んでいました。

上記の先生は決して悪い先生ではなかったけれど、
とにかく毎回待ち時間が長くて(もちろん救急病院とかなら分かるけれど、一体何のための予約制度なのか…?)、私たち以外の患者さんからもしょっちゅうクレームが出ていたんですが、それでも先生は診察ごとの合間の優雅なコーヒータイムがやめられないご様子。
(いや、別にささっと飲んで気分チェンジとかなら分かるんですが、
毎回そのコーヒータイムに20分くらいかかるのでまあずれるずれる!)

しかも我が家は上記の先生以前にも長男を診てくれた小児科の先生と1回
喧嘩別れして病院が変わっていたり、
その時のエピソードがちょこっと書いてあるのがこちらの記事↓


またかかりつけ医とは関係ないですが歯医者などに関しても↓こんな事件がありまして、


親子でトラウマになったので、結局息子は実費で日本帰国時に日本の歯医者さんを受診しています(T ^ T)
その時のエピソードはこちら↓

フランスだって良い先生がたくさんいるはずなのに…(泣)
でもまあこの辺は日本の親御さんたちも悩みの種ですよね…。

そして次男が2歳半を過ぎ、小児科ではなく私たち親と同じかかりつけ医を受診できるということを聞いた時、これがDさんを説得するラストチャンスだ!と思いました。

次回から私流・頑固なフランス人説得への道が始まります!!

続きます♪ 
今までのシリーズはこちら↓
フランス人の頑固さを語りたい①
フランス人の頑固さを語りたい②
フランス人の頑固さを語りたい③
フランス人の頑固さを語りたい④



つい先ほど子どもたちの来月の学童もキャンセルが決定したため5週間子ども達が家にいることが決まりました( ;∀;)とほほーん!
まあ、ミサイルが飛んでくるわけじゃないし…と思って受け入れて頑張るつもりですが、今後ちょっとコメント返信などに遅れることが増えるかもしれません。先に謝っておきますごめんなさいm(._.)m申し訳ないですがこんなきくこに応援のクリックをいただけたら嬉しいです!

人気ブログランキング
もちろん返信が遅れてしまってもコメントすっごく嬉しいです(о´∀`о)
前回のベルばらの記事に関して、皆さんのコメントがとても博識で面白かったので、ぜひコメント欄も見てみてください♪
まだ全員に返信できていないのですが、先にコメントだけ公開させていただきます♪
 


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
https://www.instagram.com/kikuko_kitafrance/
覗くだけならアカウント不要なので、よかったら遊びに来てください(о´∀`о)
 

前回の記事はこちら↓ こちらは移住したばかりの頃の話です★アントワネット描くの力尽きました(おい)以下Wikipediaから抜粋↓革命裁判所で死刑を宣告され、命を落とした多くの女性たちの中で、断頭台を直視できなかったのは、デュ・バリー夫人だけだったという。彼女は泣 ... 続きを読む
前回の記事はこちら↓


こちらは移住したばかりの頃の話です★
IMG_7316

IMG_7312
アントワネット描くの力尽きました(おい)
IMG_7313

以下Wikipediaから抜粋↓
革命裁判所で死刑を宣告され、命を落とした多くの女性たちの中で、断頭台を直視できなかったのは、デュ・バリー夫人だけだったという。彼女は泣き叫び、処刑台の周囲に集まった恐ろしい群衆に慈悲を乞うた。しかしそれが処刑の非道さを浮き彫りにし、彼らの心を掻き立てた。
(中略)
女流画家ルブラン夫人は、こう述懐している。「私が確信したのは、もしこの凄まじい時期の犠牲者たちがあれ程までに誇り高くなかったならば、あんなに敢然と死に立ち向かわなかったならば、恐怖政治はもっとずっと早く終わっていたであろう」と。

死刑執行人のアンリ・サンソンも手記に「みんなデュ・バリー夫人のように泣き叫び命乞いをすればよかったのだ。そうすれば、人々も事の重大さに気付き、恐怖政治も早く終わっていたのではないだろうか」と書き記している。

IMG_7314

IMG_7315
フランス人の筋金入りの頑固さはフランス革命にも現れていた…!

日本の切腹とか武士道とかとはまた違う、お家単位ではなく個人主義的なプライドの高さの一端を、これを読んだ時にちょっと理解できたのでした…。

彼女についてのWikipediaはこちら→デュ・バリー夫人
ベルばらでは悪役だけど、決して周囲に嫌われてはなかったみたいですね。


あとこれはちょっと蛇足ですが、私今のフランスの死刑廃止論ってこのフランス革命も大きく関係していると思うんですよね。
革命時にヒステリー状態になって、女性や子どもや優秀な人(酸素と水素を発見した科学者ラヴォワジェさんも処刑してしまってめちゃくちゃな損失と言われました)も含めたあまりにも多くの人をあっさり処刑してしまって、やっと冷静になった時に「もうこんなことを繰り返すのはやめよう」と思ったんじゃないかなあ?(あくまで私の考察ですが)

そう思うと、一概にフランスの死刑制度廃止を批判もできないけど…。
しかしまあこっち(日本)にも言い分があることも認めては欲しい。

死刑制度についてDさんと話した記事はこちら↓

ちなみにアントワネットにたかりまくったポリニャックさんについても調べたけど、こちらはちゃっかり真っ先に逃げ出してその後も繁栄したそうです…。
こちらの記事に出てくる園長並…。やはり咲き誇るのは悪の華!?↓

色々話は逸れましたが、

次回からはまた我が家の問題に戻って続きます♪
今までのシリーズはこちら↓
フランス人の頑固さを語りたい①
フランス人の頑固さを語りたい②
フランス人の頑固さを語りたい③




まごうことなき永遠の名作♪

ベルサイユのばら 全5巻セット 化粧箱入り (集英社文庫(コミック版))

何回これを真似してドレスの絵を描いたかしら(なのに今書いてるのは…!くっ!!)

こちらは上記に出てくる実在した処刑人サンソン家について書いた漫画↓

イノサン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

フランスでも人気あります★

こちらもフランス革命について描いた漫画(全8巻)↓

第3のギデオン(1) (ビッグコミックス)
面白かったので、帰国時にレンタルで一気借りして読んでしまいました!
皇子の最後についてはぜひこの漫画が史実であってほしい…(;_;)


次男の熱が下がらずに一週間…。今日また病院を受診したんですが、あと5日熱が下がらなければコロナも視野に入れて検査すると言われてしまいました…_| ̄|○
明らかに突発性発疹の症状が現れているのにコロナまでかかってるってあり得るのかな…?
でもとにかくみんなピリピリしています(T ^ T) おまけに長男も熱が出始めて、もう私泣きてえ!なきくこに応援のクリックをいただけると更新の励みになります★

人気ブログランキング 
いやもう熱以外はほんと元気なんですけどね。困ったなあ…。

インスタグラム始めました★過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
https://www.instagram.com/kikuko_kitafrance/
覗くだけならアカウント不要なので、よかったら遊びに来てください(о´∀`о)

前回の話はこちら↓ (こちらは移住したばかりの頃のお話です)この多少は大げさに訴えなければ本気にしてくれないとつくづく痛感したのは、次男の出産後に救急車で運ばれた時です(そのうち書きたいと思っていますが、ほんっとあれでフランスとの医者との関わり方が変わった ... 続きを読む
前回の話はこちら↓


(こちらは移住したばかりの頃のお話です)
IMG_7280

IMG_7281
この多少は大げさに訴えなければ本気にしてくれないとつくづく痛感したのは、次男の出産後に救急車で運ばれた時です(そのうち書きたいと思っていますが、ほんっとあれでフランスとの医者との関わり方が変わったわ…)。 皆さんもね、フランスでは我慢や謙遜は美徳ではないと覚えておきましょう( ;∀;)
IMG_7282

IMG_7283

IMG_7284
当時まだブログやSNSなどやってなかった私は「フランスではこうだから」と言われるととても弱かったのです(まあ今でも詳しいかと言われると微妙ですが)。

最近私がやらかした誤解はこちら(恥)↓

ネットで調べようにも、意外とピンポイントの情報ってないですしね…。

このDさんの「頑固モード」の始動は今も
もちろんありまして、
この時とか↓

今だにこの人の服を捨てるのは一工夫必要です…( ;  ; )

この時とか↓

非常にめんどくさい。

しかし、これだけ読むと「フランス人がどうのというより、Dさんが特別頑固なだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、でもですね、この後フランスで過ごして行くうちに「Dさんはむしろフランス人の中では柔軟性のある方だ」とすら思うようになるんです…(笑)

続きます★
今までのシリーズはこちら↓
フランス人の頑固さを語りたい①
フランス人の頑固さを語りたい②


今日も今日とて、次男の熱が下がらず欠席になったんですが、次男の担当の先生にボソッと言われてしまいました「コロナじゃないわよね?」って…。そんな恐ろしいこと言わないでくれ〜。゚(゚´ω`゚)゚。
戦々恐々なきくこに応援のクリックをいただけると更新の励みになります…。

人気ブログランキング
突発性発疹って意外と長引くんですね…(泣)
あ、あとようやくコメント返信追いつきました♪


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
https://www.instagram.com/kikuko_kitafrance/
覗くだけならアカウント不要なので、よかったら遊びに来てください(о´∀`о)

前回の話はこちら↓女医さんです↑今も家族ぐるみでお世話になってます♪こちらの義母シリーズで書きましたが↓ Dさんは途中タヒチに行ったり西仏に行ったりしていたことはあっても基本的に北フランスのリールで生まれ育ちました。このお医者さんはそんなDさんをずっと診てく ... 続きを読む
前回の話はこちら↓



IMG_7270

IMG_7271

IMG_7272
女医さんです↑今も家族ぐるみでお世話になってます♪
IMG_7273

IMG_7274
こちらの義母シリーズで書きましたが↓
Dさんは途中タヒチに行ったり西仏に行ったりしていたことはあっても基本的に北フランスのリールで生まれ育ちました。
このお医者さんはそんなDさんをずっと診てくれていた先生だったそうなんですが、正直に言って、初診の時点で私には合わないと感じてしまいました…。
というか何より遠すぎる´д` ;

誤解しないで欲しいのですが、リールという場所自体はいいところだと思ってます!
リールについての記事はこちら(全9話プラス番外編3話)↓

あと蛇足ですが16歳で開けたピアスは母からの誕生日プレゼントでした(笑)
以前も書きましたが、私の高校は当時はかなり自由な校風でピアス全然OKだったんです☆
私の高校についてはこちら↓
あと私がピアス穴を開けたいと相談した時、母は大喜びでした(^_^;)
(なんせ私洒落っ気まっっったくがなかったので…)。一応今も穴は塞がってないんですが、なんでも引っ張る男児がいるので、ここ数年結婚指輪以外のアクセサリーなんざ一切つけておりません…( ;∀;)
結婚指輪に関しての話はこちら(前後編)↓ 


続きます★
さあ、バトルの幕開けです(笑)!



今日も次男は熱が下がらず(まあこれは仕方がないとしても)長男もまたお得意の突然休校で学校2人ともお休みでした〜★「明日のことはあとで電話してね」って言われて何度も電話したけど繋がらないし(なんか分かってたけど!)。
もういいわ…明日は明日の風が吹く〜(°▽°)アハハハハ!!
諦めの境地に達せそうなきくこにどんまい!の応援クリックをいただけると嬉しいです★

人気ブログランキング 
ってゆうか休みの理由がコロナのせいでの出勤拒否とかだったら嫌だな…( ;  ; )

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
https://www.instagram.com/kikuko_kitafrance/
覗くだけならアカウント不要なので、よかったら遊びに来てください(о´∀`о)
 

前回の話はこちら★今回はアラブ系のお土産文化に触れた時の話です♪これがほんとーーーに超頑固(笑)頑なに「家に上がることはできない!」と言っていたのですが、仕方がないので「じゃあ今度遊びに来た時、今回の分も含めて2倍のお土産ください」と厚かましいことを言っ ... 続きを読む
前回の話はこちら★
今回は
アラブ系のお土産文化に触れた時の話です♪

IMG_5722

IMG_5723

IMG_5724

IMG_5725
これがほんとーーーに超頑固(笑)

頑なに「家に上がることはできない!」と言っていたのですが、
仕方がないので「じゃあ今度遊びに来た時、今回の分も含めて2倍のお土産ください」と厚かましいことを言って上がってもらいました(笑)


彼らとの出会いは私にとってカルチャーショックの連続で、また日本における移民の実態を目の当たりにしてイメージが変わることがたくさんありました。
これもいつか描いてみたいと思います。



しかし本題のお土産文化に関しては、高橋由佳利さんの「トルコで私も考えた」にも描いてありましたが、イスラム・アラブ系は日本よりさらに上を行く大掛かりな物でちょっと大変そうですねー(^◇^;)
 
トルコで私も考えた 文庫版 コミック 1-7巻セット (集英社文庫―コミック版)

これ読むといつも脂っこいお菓子が食べたくなる…(笑)


さて話は現在に戻り、ここ北フランスのお土産事情は…?
続きます★

今までのシリーズ↓
お土産ものがたり①
お土産ものがたり②
お土産ものがたり③



本日、義母Cから
ハロウィンのお祝いのお菓子が無事届きました…。日本から帰ってきてから食べようかな。
何度チョコはいらないと言っても送ってくる困った優しいお姑さんがいて幸せきくこに、よしよし♪のクリックを下さると嬉しいでーす★ 

人気ブログランキング 
 

昨日の記事でフランス人は効率性を追求する意欲が弱い。と書いたのですが、意欲だけじゃなくてフランス人特有の頑固さも関係しているのでは?というエピソードを思い出しました(もちろん、あくまでもステレオタイプですが)。Dさんもたまにこの謎の頑固モードになっちゃう時 ... 続きを読む
昨日の記事フランス人は効率性を追求する意欲が弱い。
と書いたのですが、意欲だけじゃなくてフランス人特有の頑固さも関係しているのでは?というエピソードを思い出しました(もちろん、あくまでもステレオタイプですが)。
IMG_5214

IMG_5215

IMG_5216

IMG_5217

IMG_5218
Dさんもたまにこの謎の頑固モードになっちゃう時があって、もうこうなるとギロチンにかけられても言うことは聞いてくれないです(T ^ T)

こういうフランス人の気質が、効率的で便利な商品の改良をあまり産まないのかなあと思います…。


まあ、あとフランスは歴史の国ですからね。
外観や古い文化を守ろうとすると、どうしても非合理的で不便な部分は出てきてしまうので、
それでも歴史を守れるのならいいや!とその不便さを受け入れて生活する心意気自体は決して嫌いじゃないんですけど。

日本もキャッシュレスが遅れていたり、まだハンコ文化だったり、非効率的で遅れている部分はありますしね…。

でももうちょっと素直に認めてくれても良いと思うよ?


私が効率を求めて撃沈した話はこちら→効率化よりも大事な…?
フランス人男性のお菓子作りについて書いた話がこちら→フランス、食育やばいってよ!



日本は台風がまた近づいているそうですね…(・・;)
どうぞ大きな被害が出ませんように!皆さまもお気をつけてー!
応援のクリックいただけるとブログ更新の励みになります♪

人気ブログランキング