嫁激(とつげき)★北フランス家族

北フランス人の夫と2人の息子とともに日仏を行き来しながら、清く楽しく美しく?生きたい母きくこの絵日記です。

タグ:価値観

昨日の記事となんとなく続いています↓ しつこいですが、別に周囲が赤ちゃん連れに冷たかったわけでも、嫌がったりしていたわけではないんです。むしろ「ああ、こんなところに連れてきちゃって大変ね~」みたいな同情的な雰囲気でした。でも、それもちょっと違和感というか… ...
昨日の記事となんとなく続いています↓


IMG_7258
IMG_7259
IMG_7260
IMG_7261
しつこいですが、別に周囲が赤ちゃん連れに冷たかったわけでも、嫌がったりしていたわけではないんです。むしろ「ああ、こんなところに連れてきちゃって大変ね~」みたいな同情的な雰囲気でした。でも、それもちょっと違和感というか…(^^;

だって中学生以下無料の美術展なのに、中学生以下が全くいないなんて!



フランスではどこの美術館でも子連れや学校の遠足などで子どもが必ずいましたし、長男もしょっちゅう美術館にお出かけしてました。

また休職中の人も無料で入れる美術館が多かったりします↓


正直子どもたちをうるさいと思ってしまうこともありましたが(;´∀`)やっぱりこの環境がフランスの「芸術観」を育てているのかなあと感心することが多かったです。
まあそれこそパリなんて街自体が芸術品ですものね。

フランスでは「アーティスト」は有名無名に関わらず別格の扱いです↓


あと以前この話でも書いたことがありますが↓
前衛的過ぎる「芸術」にもきちんと向き合ったりする思考力も。


まあでもこれはタイミング、展示内容や場所にもよりますよね。

かくいう私も、実際息子たちを連れて行ったらゆっくり見れないのが分かりきっていたので今回は連れて行かなかったわけで、これで将来美術についても討論できる大人になって欲しいとは我ながら矛盾しているなあと…。

でもすごくいい美術館だっただけにちょっと考えてしまいました。



日本の社会科見学などもレベルは高いと思うんですけれどね。
この前ナナの付き添いでまさかの人生5回目くらいの「東京江戸博物館」の遠足に行ってきたんですが( ̄▽ ̄;)正直「またー!?」と思いつつ、めっちゃ楽しんだのは秘密です♡そんなきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです♪

人気ブログランキング
やっぱ刀や兜ってかっこいー!(≧∇≦)


コメントについて★
今までは私が返信してから公開するようにしておりましたが、しばらく先にみなさまのコメントを公開させていただくスタイルでやってみます♪(承認制なのは変わらないので多少のタイムラグは今後もあります)
コメント返信しましたらまたこちらのスペースで順次お伝えしたいと思います♪
現在かなり遅れてしまっていて申し訳ありませんが、気長に待っていただけると嬉しいです。
皆様のコメントは私の癒しです(´∀`)♡


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ載せてます
続きを読む

前編はこちら↓中編はこちら↓ 「もー!Dさんってばぁ!」…と本来ここで終わるつもりだったんですが、昨日の記事にいろんな立場の方からコメントをいただき、私も改めて考えました。私の学生時代はそれこそピザ屋さんなどでアルバイトしていた友人も多く、その子たちから「 ...
前編はこちら↓

中編はこちら↓


IMG_6800
IMG_6801
IMG_6806
IMG_6807

「もー!Dさんってばぁ!」

…と本来ここで終わるつもりだったんですが、

昨日の記事にいろんな立場の方からコメントをいただき、私も改めて考えました。


私の学生時代はそれこそピザ屋さんなどでアルバイトしていた友人も多く、その子たちから「天候の悪い日の配達は大変」という意見が多かったことや、自分も雪に弱いので(しつこいけどこれで北海道移住に憧れるとか我ながら良く言う ̄▽ ̄;)自分の嫌なことは人にもしないという勝手な道徳的観点からDさんもそうあるべきだと思ってしまいました。

しかし、店側の立場だったら確かに天候が悪い時こそ稼ぎ時ですし、それも含めた賃金でアルバイトの方を雇っているのならやはり行う権利もあると思います(限度はあると思いますが)。

また、利用者側も頼んだことで肩身の狭い思いをするのは違いますし、ましてやそれでその人の性格がどうとか言うのは「ゆがんだ正義」以外の何ものでもありません。



特にそれこそ今はコロナでデリバリーに力を入れないとやっていけない時代ですものね(´・ω・`)
イトコFのところも家族総出でデリバリーも頑張ったから今があるわけですし↓





フランスで「私の常識、世界の非常識」と学んだはずなのに、やっぱりホームグランドに帰ってくるととらわれてしまうのかも…。


幼き頃から沁みついた日本の道徳観念が…(;´Д`)!でもそれってほんとに正しいかは分かりませんもんね↓





きっと私はこれからもなるべく天候が悪い日はデリバリーを頼みません。
(ので、もちろん私に寄り添ってくださったコメントもとっても嬉しかったです!)


が、それはあくまで私の選択であって、そうしなかったDさんや他の方 を責めたりしてはいけないな~と思いました。
そんなわけで、オチがちょっと変わったのですが、やっぱり一人よがりにならないためにも描いて良かったです!
改めて本当にコメントありがとうございました♪



そして皆様ハッピーバレンタインデ~♡スイートな幸せがある一日になりますように!
よろしければ
「きくこもね!」のクリックをいただけると嬉しいです(´∀`)

人気ブログランキング

コメントについて★

今までは私が返信してから公開するようにしておりましたが、しばらく先にみなさまのコメントを公開させていただくスタイルでやってみます♪(承認制なのは変わらないので多少のタイムラグは今後もあります)
コメント返信しましたらまたこちらのスペースで順次お伝えしたいと思います♪
現在かなり遅れてしまっていて申し訳ありませんが、気長に待っていただけると嬉しいです。
皆様のコメントは私の癒しです(´∀`)♡


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ載せてます♪
続きを読む

8年ぶりに日本ですごした夏の出来事を書いています。① ② ③ ④ ⑤と前回の記事はこちら↓ デテステ(déteste)って「大嫌い」というフランス語で結構きつい言い方なんです(´;ω;`)これを体の弱い猫に言い放った義母にびっくりしましたが、同時にこの義母の価値観に ...
8年ぶりに日本ですごした夏の出来事を書いています。
    と前回の記事はこちら↓


IMG_5188
IMG_5189
IMG_5190
IMG_5191
IMG_5192
IMG_5193

デテステ(détesteって「大嫌い」というフランス語で結構きつい言い方なんです(´;ω;`)

これを体の弱い猫に言い放った義母にびっくりしましたが、同時にこの義母の価値観に育てられたDさんがクロスケを受け入れないのも仕方が無いのかもしれないと納得もしました。
もちろん私の価値観が全て合っているとも思いません。前も書きましたが、猫の去勢や避妊手術が虐待という価値観の人もいますので。

しかし、夫婦である以上、ある程度は価値観が合っていないときついですTT

もうあきらめるしかないのかと思っていましたが、死後もクロスケを想っている私を見て「もう少しクロスケに優しくしてあげれば良かった」という後悔が生まれたそうです。

遅ーよ( ´_ゝ`)


…という気持ちは消えませんが、その気持ちを他の猫に持ってくれたのは嬉しいことです。

何より、私もそういえば実家の猫に関しては私の希望で飼ってもらったのに、母にほぼ押し付けたんですよねー_| ̄|○

まだ子供だったという言い訳ができても、大変だったと思いますTT
母と実家の猫ピアの絆を感じる話はこちら↓


人間は過ちを犯さないと学べないものなのか!?(;´Д`)

こんな未熟な私たち夫婦だったけど…。
色々残してくれたクロスケよ、
本当にありがとう!
忘れないよ。



クロスケ編はこれでお終いですが、
実は
まだ家族構成の変更があったのでもうちょっと続きます!




ちなみに義母が南仏に行った後はMさんにペットシッターをお願いしたんですが、Mさんにはめちゃくちゃ懐いていたクロスケでした♡
さすがレベルが違う!(;´∀`)↓

亡くなったことを知ったときもすぐ連絡くれたMさん。ほんとにかわいがってくれてありがとうございました。

義母の彼氏の猫「ウイスキー」ちゃんはこちら↓

義母も彼氏の猫だからと大切にしていたらお互いに愛情が出てきたそうです♡良かったね!
ちなみにDさんも義母も最初は自称「大の猫好き」(苦笑)嘘をついたつもりは無いんだろうけれど、だまされた感は否めません…。




衣替えした次の日にまた真夏日♡
いいの!寒くなる前に冬物を洗いたかったから!!そう自分に言い聞かせて汗だくのきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです…★

人気ブログランキング
久しぶりの日本の夏でほんと調子がつかめませーんTT


コメントについて★
今までは私が返信してから公開するようにしておりましたが、しばらく先にみなさまのコメントを公開させていただくスタイルでやってみます♪(承認制なのは変わらないので多少のタイムラグは今後もあります)
コメント返信しましたらまたこちらのスペースで順次お伝えしたいと思います♪
現在かなり遅れてしまっていて申し訳ありませんが、気長に待っていただけると嬉しいです。
皆様のコメントは私の癒しです(´∀`)♡


そろそろ出てくる子どものトラブル?(日本編)」「子どものトラブル?番外編★平和なゆえに?」「いよいよ自己注射スタート!(デュピクセント治療⑧)」「ダ・ビンチに叱られろ」に頂いたコメントに返信させていただきました♪


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ載せてます★
続きを読む

前編はこちら↓ 日本のやり方が甘いと言われれば確かに思いあたる面もありますし、精神的な自立はフランスの方が早いとは言われていますが、行きつくところは同じかなと(苦笑)何回も書いてますが、フランスは「沈黙は金」という思想はなく、何か事件や問題が起きても誰か代 ...
前編はこちら↓


IMG_3169

IMG_3170
IMG_3171
IMG_3172


日本のやり方が甘いと言われれば確かに思いあたる面もありますし、精神的な自立はフランスの方が早いとは言われていますが、行きつくところは同じかなと(苦笑)


何回も書いてますが、フランスは「沈黙は金」という思想はなく、何か事件や問題が起きても誰か代表者が謝罪するということも基本ありません。


この記事↓でも書いたノートルダム寺院の火事とかも責任者の謝罪とか火災の原因の追求とか無かったですよね…。



なんせ本気で皆「自分は悪くない」と思っているからすごい。
(あくまでステレオタイプの話ですが)

時々呆れるを通り越して清々しくさえある↓(笑)
もはやどんなに育て方してもある程度
DNAでどうにもならん気がします(;^ω^)

ま、飴と鞭のバランスを取って頑張ろ…★

こんな国だからちゃんと謝罪できる人はレアだし仕事もできる人だと思いますという記事はこちら↓


今朝もDさんコップを落として水をこぼしたんですが、落とした瞬間に(別に私何も言ってない)
「違う!コップに洗剤が付いてたんだ!」と叫んでて「何が違うのか…!?」突っ込まずにいられなかったきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです…( ´_ゝ`)★

人気ブログランキング
というか誰に言い訳してるんだ君は?


コメントについて★
今までは私が返信してから公開するようにしておりましたが、しばらく先にみなさまのコメントを公開させていただくスタイルでやってみます♪(承認制なのは変わらないので多少のタイムラグは今後もあります)
コメント返信しましたらまたこちらのスペースで順次お伝えしたいと思います♪
現在かなり遅れてしまっていて申し訳ありませんが、気長に待っていただけると嬉しいです。
皆様のコメントは私の癒しです(´∀`)♡

早く引っ越したい理由」と「母のこだわりの育児と『伝家の宝刀』」の記事に頂いたコメントに返信しました♪

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
続きを読む

昨日の記事の続きではないんですが、これも書きたいなと思い立ちました。誰かに言われたことがあります…。国際結婚する日本人妻は「思いっきり従順か思いっきり鬼嫁のどちらかだ」と。それに当てはめると、私は確かに「鬼嫁」の部類でしょう。でもね、そもそもこの鬼嫁って ...
昨日の記事の続きではないんですが、これも書きたいなと思い立ちました。

IMG_0523

IMG_0524

IMG_0525

IMG_0526

誰かに言われたことがあります…。
国際結婚する日本人妻は「思いっきり従順か思いっきり鬼嫁のどちらかだ」と。

それに当てはめると、私は確かに「鬼嫁」の部類でしょう。

でもね、そもそもこの鬼嫁ってなんかおかしくない?
だれが私を鬼にした!?

ぜひ読者の皆さんにジャッジをゆだねたいです(^_-)-☆



ちなみに最近Dさんに「きくちゃんひどい!」と言われた昼飯時の夫婦の会話↓
IMG_0527

Dさんには散々「冷たい!」と嘆かれましたが、
こういうのが「お昼時の楽しい会話」と思ってるDさんの方が私から見ると鬼なんですけど。

まあね、私にとって猫は「家族」ですが、Dさんにはあくまで「ペット」なんですよね…(この辺の価値観の違いで何度もメガドン級の大喧嘩してます)。
でもそもそもなんでDさんの言うことに私が従う前提で話せるのかも謎…。


ちなみに、フランスには「鬼嫁」にあたる言葉はあるの?と聞いたところ「みんな気が強すぎて分からない」とのこと(;´∀`)

まあ確かに…と思う記事はこちら↓


でもフランス人男性だって大概…という記事はこちら↓


前も登場した「魁クロマティ高校!」ネタ(笑)の記事についてはこちら↓

凡庸性高すぎ…♡


続きます★


今日は家族で公園にお散歩に行きましたが、10分遊んだだけで次男鼻水ズルッズル…!(;´Д`)天気自体は良くとも、もう寒くて公園遊びはきつくなってきました~(´;ω;`)これからの長い冬、おうちでできて体力を使う遊びを必死で考え中のきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです★

人気ブログランキング
もう今年はただの風邪でも絶対にひかせたくない…!!


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

続きを読む

帰国の準備について書いていきます。前回の話はこちら↓ 今までのシリーズはこちら↓帰国に向けて①猫のこと(譲れない!)帰国に向けて②猫のこと(逆切れ炸裂中)帰国に向けて③フランスの持ち家、どうする?帰国に向けて④フランスの持ち家、買わなきゃよかった?帰国に向 ...
帰国の準備について書いていきます。
前回の話はこちら↓


今までのシリーズはこちら↓
帰国に向けて①猫のこと(譲れない!)
帰国に向けて②猫のこと(逆切れ炸裂中)
帰国に向けて③フランスの持ち家、どうする?
帰国に向けて④フランスの持ち家、買わなきゃよかった?
帰国に向けて番外編★逆差別疑惑!?
帰国に向けて⑤フランスの持ち家、大公開!
帰国に向けて番外編★フランスらしい話?(家族編)
帰国に向けて⑥フランス持ち家の内覧、世間知らずはどっち?
帰国に向けて⑦フランスの持ち家、愛着はどうなった?
帰国に向けて⑧この現象はなんだろう?


IMG_0511
マリオの曲らしいですね↑ずっと歌ってます(笑)
IMG_0512

IMG_0513

IMG_0514

IMG_0515

IMG_0516
日本は本当に素晴らしい国です!
が、
女性にとってちょっと生きずらい国なのも事実だと思います(^^;

私は子どもの時から年を取るのがすごく嫌でした。
それは大人になるにつれて容姿のコンプレックスが悪化し、どんどん頑固になって視界が狭くなる…、
思いこんでいたからです。

確かにそういう部分もあるかもしれませんが、実際には昔苦手だったものが受け入れられるようになったり、体のコンプレックスも楽になる部分も多くて、今は年を取るのも悪くない♪と思うようになりました。
特にフランスに来てから。

どんな年齢の人も好きな格好をして…


恋愛においても自分らしく生きることを良しとする風潮って素晴らしい!


ただね!
もちろんフランスが完ぺきなわけじゃないですよ!
フランスの生涯恋愛主義なんて私にとっては疲れるだけの価値観ですし(;^ω^)

あと上記年の差シリーズにも出てきますが、フランスも「若ければ若い方がいい」と思ってる男はいます(ただそんなことを口に出すのはおかしいという意識は今は日本より強いとは思う)。

女性のおひとり様文化も実は日本の方が進んでいると思いますしね…。


両国の価値観の良いところどりは難しいかもしれませんが、親の私がそのへんをしっかり伝えていけたらいいなあと思います★

続きます♪


どこにいてもその時の自分を愛して生きたいよね~!と願うきくこに同感!のクリックをいただけると嬉しいです★

人気ブログランキング
皆さん台風気をつけてね~(;´Д`)


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

続きを読む

前回はこちら↓ これほんと意外なほど効くんですよね。ただ自分も「無理!」の一言で拒否されることを覚悟しなきゃいけないんですが…。「男女平等」を勘違いして、専業主婦にすべてやらせようとする男性はヨーロッパでも多いので、みなさん気を付けてね!というお話でした。 ...
前回はこちら↓


IMG_8253
これほんと意外なほど効くんですよね。
ただ自分も「無理!」の一言で拒否されることを覚悟しなきゃいけないんですが…。
IMG_8254

IMG_8263

IMG_8261

IMG_8262

IMG_8259

IMG_8260


「男女平等」を勘違いして、専業主婦にすべてやらせようとする男性はヨーロッパでも多いので、みなさん気を付けてね!というお話でした。

もちろん今でもどちらかというと育児は私主体ではありますが、それでもDさんは自分もやるべきことと思ってくれているので、私が多めに役割と担っていることへの感謝もあるし指導もしやすいです(何度も書いてますが、もちろん夫婦で納得したうえで全部やれる人はやってもいいと思います。我が家は私一人では無理でした…)。

当時義母は近所に住んでいましたが、すぐ引っ越しちゃったし今もこういう感じ↓なので…(^^;
 

ヨーロッパでも日本人女性を狙った変な男も多いよ!というお話はこちら↓


上に書いた日本のテレビ番組の話は私もひどいと思いますが、私の周囲の日本人カップルは男性側も育児や家事も協力的な人が多いと感じるので、世代間のギャップもありますね…(・_・;)
でもそんなのテレビで映してやっぱり恥ずかしいよー!!


また何か気が付いたことがあったら追加しますが、このシリーズはとりあえず一回終わります♪今まで読んでくださってありがとうございました(^^)/!!

今までのシリーズはこちら↓
フランスの「専業主婦観」①
フランスの「専業主婦観」②
フランスの「専業主婦観」③
フランスの「専業主婦観」④


みなさんの応援のおかげで、無事に歯医者さん受診できました~ヽ(^o^)丿イエーイ!
まだあと一回行かなければならないのですが、これで一つ大きなストレスが減ってほっとしています★麻酔でまだうまく話せないけど幸せきくこ良かったねー!のクリックをいただけると嬉しいです!

人気ブログランキング


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

続きを読む

前回の話はこちら↓ 今回の話はいろいろな意見があると思うんですが、あくまでも我が家の場合です。第一この「手伝う」ってさあ…(怒)さて、みなさんはこのDさんの言い分どう思います?専業主婦は育児を全て担当するべきか!?これは女性でも結構意見が別れると思いますし ...
前回の話はこちら↓


今回の話はいろいろな意見があると思うんですが、あくまでも我が家の場合です。
IMG_8239

IMG_8240

IMG_8241

IMG_8245
第一この「手伝う」ってさあ…(怒)
IMG_8243

さて、みなさんはこのDさんの言い分どう思います?

専業主婦は育児を全て担当するべきか!?

これは女性でも結構意見が別れると思いますし、別にどんな意見でも正解も不正解もないと思います。

ではなぜこの話を書いたかというと、「フランス人男性は女性に優しくて、家事も育児も全部平等に手伝ってくれる!」という幻想を持っている日本人がまだまだ多いな~と感じるからです(実際に私もよく言われるんですよこれ…)。
もちろん奥さんが専業主婦でも平等になんでもしてくれるステキな男性もいるでしょうが、結局
フランスでの専業主婦の扱いはこうにもなりがちですよ!という警鐘を鳴らしたくて書きました。(共働きならまた別なんでしょうが…)

いろいろ誤解されているフランス人。近くばよって目にも見よ!な記事はこちら↓
 
こちらも↓
 
確かに基本優しいと思うけど、頑固な人が多いので説得も大変よ!という記事はこちら↓全8話
 


当然できる人は家事も育児も両方やっちゃっていいと思いますが、私は無理(断言)よろしいならば戦争だ!(`Д´)嘘です。
次でこのシリーズはラストですが、次回はフランスがどうというより私がDさんとどう話し合ったかになります。最後まで読んでいただけたら嬉しいです★

おまけ★
4コマ目の猫がバウンサー(ゆりかご)を揺らすのを手伝ってくれたのは実話です♪
証拠写真がこちら↓

IMG_8244
私は里帰り出産などはしなかったんですが、ほんと猫のおかげで妊娠生活も子育ても孤独感なくできたと思います。ありがとうよ~★

今までのシリーズはこちら↓
フランスの「専業主婦観」①
フランスの「専業主婦観」②
フランスの「専業主婦観」③
フランスの「専業主婦観」④
フランスの「専業主婦観」⑤



皆さん聞いて聞いて~★
私明日歯医者さん再チャレンジなんです\(^o^)/
今までのいきさつはこちら↓

この一か月はひたすら「私の歯は痛くない痛くない」と自分を思い込ませる毎日でした…(もちろんめっちゃ痛い)一応予約はキャンセルになってないんですが、正直半信半疑…。皆さん、私が治療受けられるようにどうか応援のクリックをシルブプレー(;ω;)!

人気ブログランキング
すいません~。またコメント返信が遅れてます(TT)


インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
続きを読む

前回の話はこちら↓ 引き続きフランスでは結婚が流行っているという話です。フランスのお試し出産の多さについてはこちらでも以前書いたことがあります↓が、本当に多いです!私が知ってるだけでも5組はいる…。 仏のFについてはこちら↓や「義理家族」のタブから読めます。 ...
前回の話はこちら↓

引き続きフランスでは結婚が流行っているという話です。
IMG_8154

IMG_8155

フランスのお試し出産の多さについてはこちらでも以前書いたことがあります↓が、本当に多いです!私が知ってるだけでも5組はいる…。


仏のFについてはこちら↓や「義理家族」のタブから読めます。

ちなみにこの時↓「結婚も結婚指輪も大事!」と私に力説したのは仏のFの奥さんです(笑)


結局パックス経験者だからこそ、結婚という責任感が必要であるという結論になる人も多いようです。

ただ、パックスにももちろんメリットはたくさんあります。
コメントでも書いていた人がいたんですが、堅実な手に職を持つ女性はあえて結婚しないで、パックスで子どもを産み育てる方がパックス解消後も相手への扶養義務が発生しないので便利だったりします。というのも↓
IMG_8158
自由・平等・博愛の神髄ここにあり!?

昔Dさんに日本の不倫の慰謝料システムを説明したらびっくりしていました。
まあフランスなんて政治家もみんな不倫・略奪しまくりですもんね…。今のマクロン大統領から言って(^^;
さらに、
IMG_8156

いろいろ難しいところですね。
確かにフランスの結婚のシステムはものすごくめんどくさいので私たちは日本でささっと済ませてしまいました。でも、そこまですることで生まれる
責任感というのも確かに大切なのかもしれません…。

フランスの
専業主婦と結婚に関する価値観の返還は似ているなあと思っていたので、一緒に紹介したいと思って書いてみました(^^)
続きます★
今までのシリーズはこちら↓
フランスの「専業主婦観」①
フランスの「専業主婦観」②
フランスの「専業主婦観」③
フランスの「専業主婦観」④
フランスの「専業主婦観」⑤

でもまあ実際にどんなにめんどくさいシステムでも、離婚も再婚も繰り返す人は繰り返すので、この辺はあんまり責任感とかストッパーの役割になっているかと聞かれたら微妙な気もします~(^^;
義母は現彼氏の離婚が成立したら(現在離婚協議中)、すぐまた結婚して盛大な結婚パーティ-も開きたいそうです…。ほんっとタフだなー!!あきれるような羨ましいような(その情熱が)複雑な気持ちのきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです♪
私もう二度と結婚パーティーとかしたくない…。

人気ブログランキング
Dさん側の家族情報量多すぎて簡潔な説明が難しすぎ(笑)

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪

続きを読む

前回の話はこちら↓ 今回は専業主婦観と同様に最近変化したと感じるフランスの「結婚観」についてです。さらに国際結婚カップルだと、結婚すれば4年目で10年滞在ビザがもらえるのに対し、パックスだとどんなに一緒にいても2年滞在ビザしかもえらません。(追記!こちらの ...
前回の話はこちら↓
今回は専業主婦観と同様に最近変化したと感じるフランスの「結婚観」についてです。
IMG_8139

IMG_8140

IMG_8143

IMG_8145
さらに国際結婚カップルだと、結婚すれば4年目で10年滞在ビザがもらえるのに対し、パックスだとどんなに一緒にいても2年滞在ビザしかもえらません。
(追記!こちらの情報↑ですが、現在はパックスでも4回ほど申請、つまり4~8年で10年ビザがもらえる可能性があるそうです。古い情報失礼しました。汗)
IMG_8148

IMG_8149
情熱の国フランスではありがち。

パックスは一時期「フランスのカップルの理想形」みたいな風にもてはやされていた時期がありました。

でも、前の本当の男女平等とは?という話に戻りますが、
最初はバリバリ働いて男性と同じくらい稼いでいたとしても、出産したりもしくは失業してしまったりで状況が変わることなんて十分あり得ますよね?

それなのに一方が申し立てれば解消できちゃう関係って、実は結構危なくない?ってことなんですよねー(´・ω・`)


ちなみに扶養義務はないと書きましたが、困っていたら解消後も経済援助してあげましょうね、みたいな決まりは一応パックスにもあるそうです。
が、それを守ってくれる誠実な相手ばかりじゃないでしょうね…。

また、子供への養育費についてはもちろん支払い義務はパックスにも結婚にもありますが、共同親権が基本のフランスでそんなに大きな金額がもらえるかと言ったら…?

子どもを抱えて、一方的にパックスも解消されてしまって、結局一番大変なのは結局女性ですよね…。

長くなっちゃったんで後編に続きます!

今までのシリーズはこちら↓
フランスの「専業主婦観」①
フランスの「専業主婦観」②
フランスの「専業主婦観」③
フランスの「専業主婦観」④

それでも義母も含め、超めんどくさい結婚離婚ですら繰り返す人が多いよ~↓という記事はこちら

全9話。続きのリフォーム編は全7話。

我が家も離婚について話したことがありますよ↓という記事はこちら



Twitterにも載せたんですが、今日私の大好きなパリパリ伝説の最新刊の発売日でした♪

パリパリ伝説 10 (フィールコミックス)

もちろんさっそく電子書籍で購入して大いに楽しんだんですが、今回作者のかわかみさんが歯医者さんになかなかかかれない話にシンパシー感じまくりでした。私も抜歯でインプラントとか言われたらどうしよう…こわいよ~(´;ω;`)早く歯医者に行きたいけれど怖くて仕方がない複雑な気持ちのきくこに応援のクリックをいただけると嬉しいです…_| ̄|○

人気ブログランキング

インスタグラム始めました★
過去記事のリライト・育児ネタ・猫ネタ投稿してます♪
続きを読む